2009/08/15 07:07

アイエー、好ニュースとの組み合わせで株主優待廃止、見習うべき

アイエーグループが株主優待を廃止する。

株主優待制度廃止に関するお知らせ

オートバックスFCのアイエーが割引券の優待を廃止するのは意外ですな。それはいいとして、アイエーの優待廃止の仕方が気に入ったわけ。

通常、業績が悪くなると優待は廃止される。そりゃねえ、赤字で優待に金かけるわけには行かないし、こんな経済状況では少しでも経費削減したいからね。だから、優待が廃止になる企業は、優待廃止、下方修正、酷い決算短信、減配、などがセットで発表されることになる。

そうなると、優待族は株を投げるから暴落する。

今回のアイエーはちょっと違う。

業績は決して良くは無いけれど、それほど悪くない。普通に順調な業績と言える。ETC特需なんかもあるので、ひょっとすると今後上方修正があるかも知れない。

平成22年3月期 第1四半期決算短信

同時に増配を発表。配当利回りは3.7%。

さらに自己株取得を発表。取得するのは発行済株式数の0.6%(6万株)と小さいものの、出来高が数千株の銘柄にとっては大きな数字。

アイエーとしては、優待廃止で株価暴落を心配していたんじゃないですか?

だから、それなりに良い業績発表と増配、自己株取得に合わせて優待廃止を出してきた。

良いニュースと悪いニュースで、株価が暴落しない対策をする。好感が持てますな。実際株価は下げていない。

と、アイエーの立派な株主優待廃止を見たけど、アイエーの監査法人はA&Aパートナーズですな。その前が優成。

粋な優待廃止発表も、これがあるから100%ブチ壊しなのが無念残念。

株主優待
A&Aパートナーズ アイエーグループ カー用品 株主優待 監査法人 自動車



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch