2009/09/13 15:03

エコポイントは金券類と交換されて当たり前、無駄はやめよう

当然の結果ですな。エコポイントは95%が金券類に換えられている。

記事を読むと、お役所は金券券にこんなに人気が集中するとは考えていなかった感じを受ける。っていうか、金券類に交換するんじゃなくて、商品に交換して欲しかったわけ。そりゃねえ、少しでも消費に回れば景気対策にもなる。

だから、

 政府は11日から交換商品を3万点に拡大し、新たに環境保護団体への寄付も可能になった。新しい商品カタログでは、エコ商品や特産品を冒頭に持ってくるという。

まあとにかく、無駄が多いですな。

エコポイントなんて、金券に交換されるに決まってる。分かり切ったことですよ。だったら初めからキャッシュバックとか値引きにすればいいじゃない。エコポイントをぐちゃぐちゃするには手間暇かかる=経費がかかる。

ホント、無駄が多い。

朝日新聞(asahi.com)2009年9月11日20時48分

エコポイント交換、商品券に集中

 政府は11日、省エネ家電を買うともらえるエコポイントの取得者の94.2%が、商品券やプリペイドカードなどとポイントを交換したと発表した。交換商品は、地域の特産品やエコ商品も含め2万点を用意したが、使い勝手のよい一般的な商品券に人気が集中した。

 7月1日の申請開始から2カ月間で約153万件の申請があり、発行済みのポイント数は約104億点(1点=1円相当)となった。09年度補正予算では約2900億円が用意されている。

 商品との交換は、特定の地域でしか使えない地域商品券などよりも、全国的に使える商品券やプリペイドカードに集中。百貨店やスーパーなどの商品券が33.0%、図書カードなど生活関連の商品券が22.6%を占めた。事務局は「多くの所で現金のように使える商品券に人気が集まった」。

 地域商品券(2.5%)や特産品(2.6%)、省エネ配慮商品(0.04%)は振るわず、全く申請がなかった事業者もあった。

 ポイント数が額面よりも必要な商品券も不人気で、1万2千円分をもらうのに1万3500点必要なSuica(スイカ)を含むICカード乗車券などは0.7%しか希望者がいなかった。

 政府は11日から交換商品を3万点に拡大し、新たに環境保護団体への寄付も可能になった。新しい商品カタログでは、エコ商品や特産品を冒頭に持ってくるという。

ちょっとニュース
エコポイント



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch