2009/02/17 14:02

世界同時不況の本質を決算説明資料で主張するのは面白い

アルバックの第2四半期決算説明会資料。

決算説明会第2四半期(累計)(2009年6月期)

アルバックはFPD・半導体・太陽電池製造装置を作っている会社で、今の経済状況では業績ボロボロなのは確認するまでもありますまい。そして当分回復しないことも周知の事実。

そういう事で説明会資料が面白いのではなくて、別の意味で面白い。

200902176.gif4ページ目。

「世界同時不況の本質」について書かれている。これは中村久三社長の考えらしい。

まさに仰るとおり。なのだけれど、こう言うことを決算説明会資料に載せるのが面白いと感じませんか?私はそう強く感じて、思わず笑いましたよ。よくぞ書いてくれたって。

大惨事の犯人探しをしてもどうにもなりませんけど、探して吊し上げたくもなりますよねえ。

ちょっとニュース
FPD製造装置 アルバック 半導体製造装置 太陽電池



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch