2008/10/08 23:11

超シンプル携帯が存在しない理由

携帯が全然売れていない。そりゃね、販売奨励金がなくなって端末価格が5万円にもなれば買い換えしようって気もなくなる。今は5万円パソコンもあるわけで、電話が5万って高いよね。確かにカメラとかMP3プレーヤーとかなんやらかんやら、機能はてんこ盛りで、そういうものが5万は安いかもしれないけど、絶対金額的に高い。

日経によれば

四―九月の携帯電話契約の純増数は前年同期比で約二割減と失速。七月の端末出荷台数は前年同月比約三割減と今年最大の落ち込みとなった。

思うんだけど、なぜ安い端末を出さないのか?個人的には、今の携帯に付いているほとんどの機能はいらない。必要なのは、電話、カメラ、お財布機能、の3つ。それ以外は全部なくしてもらって結構です。

デザインはとにかくシンプルで普通で良い。お洒落さ、かっこよさはゼロでいいんですよ、携帯屋さん。

そういう超シンプル携帯は安く作れないのだろうか?結局、同じ基盤に全部が載っていて、部品単価もそれほどではないので、機能を削ってもそれほど安くならないって事?

いや、できると思うんですね。なぜしないか?

単価が下がって価格競争になって、シンプル携帯ではノキアや中国メーカーに到底太刀打ちできない国内端末メーカーが儲からなくなるからじゃないですか。どのメーカーも自分の首を絞める結果につながるような事はしたくない。

それとも、そんなシンプル携帯作っても誰も買わないですかね。そんなの欲しいの自分だけでしょうか。どうですか?

ちょっとニュース
携帯



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch