2009/02/06 10:10

ビーエスピー、現金価値割れで高配当の状態は続く、3Q数字はOK

ビーエスピーの第3四半期決算。

平成21 年3月期 第3四半期決算短信

業績数字は決して良くない。それでもまだ減収減益は10%未満なのでましな方ではありますけどね。

で、そんなことはあまり問題じゃない。資産価値の激安さに注目ですな。

自己資本比率90%でBPSは1500円。現金修正BPSが940円。株価は800円なので、PBRは0.53倍、現金修正PBRは0.85倍。現金価値割れまで売られている。

配当は今期71円なので利回りは8.9%。この71円には記念配が15円含まれているので、それを除いて考えても配当利回りは7%。

当然ながら配当に関しては来期が問題なわけですけど、仮に利益が今期より半減したとしても50円は出ると考えていいのではないですか?それでも利回りは6.3%。

何が悔しくてこんなに安いんですか?

ハイテク・IT・テクノロジー
PBR ビーエスピー 配当 高利回り



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch