2009/01/11 00:12

日本プロセス、大幅減益ながら計画通り、現金資産価値割れ続く

日本プロセスの中間決算発表。

平成21年5月期 第2四半期決算短信

中間業績の計画は売上25億、経常利益0.9億、純利益0.3億。実際は、売上25億、経利1.1億、純利0.3億。

計画を上回ったものの、数字はショボイ。通期の予想は変更無しで、売上56億、経利4.9億、純利2.6億、EPS45円。利益の進捗率は猛烈に低いですな。計画通りなので驚くこともなければニュースでもない。

受注と受注残の状況が分からないが、半期報告書で開示されるだろうからチェックを忘れずに。

とりあえず、キャッシュフローに問題はないし財務は鉄壁。自己資本比率は91%、現金修正PBRは0.53倍。配当30円は今のところ安心。配当利回り5.6%でOK。ベンジャミン・グラハム先生も目を丸くして驚くことでしょう。

現金価値をこれだけ大きく割れるのは行きすぎですな。

ハイテク・IT・テクノロジー
PBR 日本プロセス 配当 高利回り



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch