2008/10/09 00:12

マルマエの決算。受注とBS、CFに注目。

マルマエの9月月次数字。

平成20 年9月度 月次受注残高についてのお知らせ

この3ヶ月はスローダウンしたものの、受注残の伸びは凄まじい。

同時に発表された決算短信。

受注残の激増にも関わらず、売上微増&赤字で終わった。受注残が業績に載ってくるのは今2009年8月期からだという事ですな。

とにかく、液晶、太陽電池、半導体の製造装置が絶好調なわけです。太陽電池はともかく、液晶や半導体で景気の良い話って聞きますか?

BS。売掛金がおよそ3倍、仕掛品が15倍、未収入金はゼロから激増。固定資産も2倍。

CF。営業CF大赤字。

PL。売上は+9%。

どこかで見た光景ですな。粉飾決済で強制退場となったプロデュースを彷彿させます。直前の決算短信はこんなかんじ。

マルマエが粉飾決算しているって事じゃないですよ。その点勘違いしないで欲しい。マルマエの財務諸表は、粉飾とか悪さをする会社でよく見られるパターンだった事。マルマエのような財務諸表が正真正銘の真っ当な財務諸表で、ビジネスをグングン伸ばしていく会社もいっぱいある。

マルマエの監査法人は三優。主幹事はマネックス。

ハイテク・IT・テクノロジー
プロデゥース マルマエ 三優 受注残 粉飾



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch