2009/06/29 20:08

西松屋チェーン、6月月次数字は良くないし、説明も良ない

西松屋チェーンの6月月次数字。

平成22年2月期前年比速報(6月度)

全店が101.7%、既存店が93.8%。今2月期ここまででは全店102.1%、既存店94.6%。

数字にはちっとも良いところはない。会社の説明にもちっとも良いところはない。暗い言葉ばかりが並んでいますな。

当月は関東以北のゾーンにおいて最高気温が前年度より低く、想定外の苦戦が続きました。あわせて競争状況も激化し、競争他社の低価格商品の打ち出しや、夏物のバーゲン時期の前倒しがあったため、衣料部門におきましては、初夏、夏物のアウトウェア・実用衣料ともに低迷いたしました。

雑貨部門におきましても、育児消耗雑貨の紙おむつ・粉ミルク・衛生用品・ベビーフードがやや低迷いたしました。大型育児用品のベビーカー・チャイルドシート・ベッドにおいては、金額、売れ数ともに大きく低迷いたしました。

何かちょっと改善してきているとか、そういう言葉を期待する。

専門小売銘柄
アパレル ベビー用品 子供 西松屋チェーン



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch