2009/05/11 23:11

バルス、4月の月次数字はさらに悪化、減額修正があっても納得

バルスの4月月次。

平成22年1月期月次売上概況(4月度)

全店が94.6%、既存店が83.4%。月次数字の悪化が止まらない。

株価も同様に下げっぱなし。下げ止まった感があるものの、これから下方修正が出てくるのはほぼ間違いないわけで、更なる下落も十分あり得る。今の会社計画は10%の増益を計画しているけれど、月次を見る限りそれは無理というもの。数十パーセントの減益は余裕じゃないですか?

専門小売銘柄
バルス フランフラン 雑貨



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch