カテゴリー: 専門小売銘柄

2009/10/05 08:08

ワークマン、9月数字は悲惨で下方修正確実、株価はこなれている

~ ガテン系ガールファッションがワークマンの切り札、なんて事はない、月次は厳しい。 ~

ワークマンの9月月次数字。

平成22 年3月期 月次前年比速報に関するお知らせ

2009100112.gif

全店が87.8%、既存店が85.7%。こりゃひどい。9月(第2四半期末)累計では全店92%、既存店89.4%。

景気の低迷と、シルバーウイークで就労日が減少したことで、消耗品などの革手袋等の販売が低調に推移したことと、降雨日が少なかったことで、合羽、長靴の販売が低迷致しました。その結果、チェーン全店の売上高は前年同月比87.8%(既存店売上高前年同月比85.7%)となりました。

どんな理由があるにしても、悲惨な数字と言えましょう。

会社計画では第2四半期累計の売上高が-1.7%。全然達成していないので、そのうち下方修正が出るのは確実。利益もがくっりと下がるはず。通期増収増益の計画も当然下方修正。

業績は悪いけど、株価は十分にこなれている。

ところで、若い女性の間の一部でガテン系(って呼ぶのだろうか?)ファッションが流行っているらしいですけど、どうなんでしょうか?でもこれは、ワークマンで売っている昔ながらの作業着ではない。それらをもっとカワイラシクして、よりキヤスクして、断然イケテルカンジにしたものですな。人気のブランドもあるらしい。まさかワークマンでそういうのを売り出したりしないよねえ。

2009100113.gif

専門小売銘柄
アパレル ワークマン 作業着



2009/09/13 15:03

ドクターシーラボ、20%超の経常利益率、もう一段の下落で魅力的

~ 普段は投資対象にしない化粧品会社、好業績で検討しても良い株価にかなり近づいた。 ~

ドクターシーラボの決算発表。

平成21 年7月期 決算短信

化粧品会社とは思えない増益。第3四半期時点の会社予想を遥かに超えた結果になったけれど、上方修正があったわけでもない。東証(?)の業績修正発表条件にがいとうするんじゃないの?今期の業績計画も売上+17%、経常利益+11%と好調でEPSは12,500円。

まともな化粧品会社はいつもそうですが、キャッシュフローはじゃぶじゃぶでキャッシュリッチ。ドクターシーラボも当然キャッシュカウ。自己資本比率は77%と文句なし。配当性向は22%と高くない。金余りなんだからもっと出してほしいところです。

それにしても経常利益率が21%と超高い。高すぎるぐらい高い。基本的に化粧品会社の利益率は高いけれど、それでも10%を超える水準だ。一番優秀なのはマンダムだと考えているけれど、マンダムの絶好調の時でも20%には届かない。

通常は化粧品会社に興味は持たないし投資もしない。マンダムが3月に1500円台まで急落して配当利回り5%を超えそうになった時に買いそうになった事はある。

ドクターシーラボがもう一段安くなればそういう状況になりそう。この決算発表見てまさか安くなるとは思えないけどね。

専門小売銘柄
ドクターシーラボ マンダム 化粧品

2009/06/29 20:08

西松屋チェーン、6月月次数字は良くないし、説明も良ない

~ 慎重な言葉だけ並べているのは保守的なのではなく現実を直視した結果か。 ~

西松屋チェーンの6月月次数字。

平成22年2月期前年比速報(6月度)

全店が101.7%、既存店が93.8%。今2月期ここまででは全店102.1%、既存店94.6%。

数字にはちっとも良いところはない。会社の説明にもちっとも良いところはない。暗い言葉ばかりが並んでいますな。

当月は関東以北のゾーンにおいて最高気温が前年度より低く、想定外の苦戦が続きました。あわせて競争状況も激化し、競争他社の低価格商品の打ち出しや、夏物のバーゲン時期の前倒しがあったため、衣料部門におきましては、初夏、夏物のアウトウェア・実用衣料ともに低迷いたしました。

雑貨部門におきましても、育児消耗雑貨の紙おむつ・粉ミルク・衛生用品・ベビーフードがやや低迷いたしました。大型育児用品のベビーカー・チャイルドシート・ベッドにおいては、金額、売れ数ともに大きく低迷いたしました。

何かちょっと改善してきているとか、そういう言葉を期待する。

専門小売銘柄
アパレル ベビー用品 子供 西松屋チェーン

2009/05/30 11:11

ユニバースの今期は食品スーパーとしては十分な成長、月次もOK

~ 収益性、成長性、配当、月次、どれもこれも驚きはないが食品スーパーとしては十分。 ~

ユニバースの決算発表。

平成21年4月期 決算短信

200905293.gif今期計画は、中間が増収減益、通期では増収増益。増収増益とは言っても食品スーパーですからね、その幅は数パーセント。配当は変わらずの30円を計画。配当利回りは2.6%。株主優待で総合利回りは3.2%以上にアップする。

自己資本比率は61%、今期経常利益率は3.5%。一店舗当たりの売り上げはトップ級、東北で相変わらず一番強い。

今期の出店は3を計画。既存店の計画は100.3%。

特に何もないですな。一つだけ気になるのは、前期4Q業績がイマイチで既存店が100%を割っていること。客数も同様。この傾向が続くとダメ。

5月の月字数も発表されている。

売上高 前年比(月次)

全店が105.7%、既存店が100.9%。とりあえずは順調な数字と言えましょう。

専門小売銘柄
ディフェンシブ ユニバース 食品スーパー

2009/05/11 23:11

バルス、4月の月次数字はさらに悪化、減額修正があっても納得

~ フランフランが売れない、下方修正を織り込むように株価は既に下落している。 ~

バルスの4月月次。

平成22年1月期月次売上概況(4月度)

全店が94.6%、既存店が83.4%。月次数字の悪化が止まらない。

株価も同様に下げっぱなし。下げ止まった感があるものの、これから下方修正が出てくるのはほぼ間違いないわけで、更なる下落も十分あり得る。今の会社計画は10%の増益を計画しているけれど、月次を見る限りそれは無理というもの。数十パーセントの減益は余裕じゃないですか?

専門小売銘柄
バルス フランフラン 雑貨

2009/05/10 23:11

マックスバリュ東海、既存店売上の減少が止まらない、消費者は鈍い

~ 消費者の財布の紐は超かたい、絞るばかりじゃなく株主優待を使って賢く買物するべきかと。 ~

200905082.gifマックスバリュ東海の4月月次。

2010年2月期  4月度月次売上高前年比速報

全店が111.3%、既存店が94.2%。既存店の下落が止まりませんな。

客数の落ち込みはそれほどでもないけど、客単価、一品単価、買上点数が大きく下落。消費者は食べなければならないので食品スーパーにはいつも通り行く。でも、より安いものを選び、品数を減らす。財布の紐はかたい。

配当は39円で配当利回りが3.8%、優待が100株5000円で優待利回り4.9%、両方合わせて総合利回り8.6%。イオン系スーパーを利用する人であれば文句無しの水準ですな。そういう人は、10%を超えることがあれば迷わず買い。

専門小売銘柄
イオン マックスバリュ東海 株主優待 食品スーパー 高利回り

2009/05/08 21:09

MonotaRo、第1四半期は計画通り停滞、中長期では変わらず有望

~ 足下、不景気で工場は動かないので業績停滞、それでも工場版Amazonの将来性は疑いない。 ~

200905064.gifMonotaRoの第1四半期決算。

平成21年12月期 第1四半期決算短信(非連結)

増収減益。会社計画通りの数字ですね。中間期、通期でも増収減益で、今のところその線で推移中と言えましょう。

とりわけで書くこともないけど、新規顧客の獲得は順調に進んでいて、既存顧客からの注文は減少。経済状況を考えれば、至極当たり前の結果。

モノタロウは長期で期待している銘柄であることは何度も書いているけど、それは今も変わらない。いずれ株価はグイグイ上げるときが来る。そういうビジネスモデルだと思っている。モノタロウの取れる市場規模は大きいですよ。

Amazonの工場版。期待してますよ。

専門小売銘柄
MonotaRo インターネット通販 カタログ販売 工場消耗品 工場間接品 自動車部品

2009/05/07 17:05

コメ兵、サプライズな上方修正、収益改善の余地はまだまだ残っているのか

~ 不景気では高額商品が売れないのは誰でも分かる、だからコメ兵の修正は意外。 ~

コメ兵の上方修正。

業績予想の修正に関するお知らせ

これは意外な増額でした。時計やバッグなんかの高額商品が多いコメ兵は、不景気で厳しいのは間違いない。こういうビジネスは、売れなくなるととたんに利益が下がるのはよく分かりましょう。実際、コメ兵の今期業績はガクンと落ち込む。増額後でも大きく減収減益なのは変わりない。

増額の理由。

売上高総利益率の低下を防ぐため、買取価格の調整及び新品仕入の抑制等を行いました。また、売上高総利益率が低位となった商品につきましては、価格低下を最小限に抑えられるよう、決算セール、オンラインショッピング等を活用して早期に処分するよう努めました。経費面につきましては、広告宣伝媒体を費用対効果が高いものに絞り込むことによって広告宣伝費を抑制すること及び出来る限り時間外勤務を抑制することによって人件費を削減すること等により、経費コントロールの徹底を図りました。

買取価格は相当下げているんでしょうな。買取り価格なんてあってないようなものというか、言い値みたいなものでしょ。BtoBの仕入よりは仕入価格の柔軟性は高いはずですな。

で、何だかんだと経費面の絞り込みが大きそう。経費コントロールでまだまだできることがあるってことですか。

詳細は決算発表を待たないと分かりませんけどね、ちょっと意外な上方修正でした。

専門小売銘柄
コメ兵 リサイクルショップ 中古品

2009/04/14 11:11

ABCマート、今期も増収増益を計画、足下月次は厳しい状況

~ 今期も積極出店を継続、BSは綺麗、CFは豊富、株価は下げた、悪いのは足下3月月次数字。 ~

200904131.gifエービーシー・マートの決算発表。

平成21年2月期 決算短信

今期は第2四半期が増収減益、通期では挽回して増収増益の計画。売上げで9%、経常利益で7%の増。

前期の出店数は89店。閉店が14。期末店舗数は444。海外は14の出店と4の閉店で53店舗。今期の出店予定は55店舗。

200904132.gifBSは相変わらず全然問題はないし、キャッシュフローはじゃぶじゃぶ。

3月の月次数字を見ると、中間・通期の計画数字が不安に思えてきますな。3月は既存店が-7.3%、全店が+4.3%。

株はずいぶん売られて半値以下になった。これでようやく割高感は無くなったわけですけど、いかんせん3月の月次数字を見る限り魅力的に思えない。もちろん、1ヶ月だけの数字で判断はできませんけどね。

専門小売銘柄
エービーシー・マート

2009/04/12 22:10

マックスバリュ西日本、利回り7%超の食品スーパーは叩き売り状態

~ MV東海といろんな面がよく似ている、つまり株式マーケットの今の評価はこんなもの。 ~

マックスバリュ西日本の決算発表。

平成21年2月期 決算短信(非連結)

2009041208.gif今期はそれなりに増収、わずかに増益の計画。配当は35円で変わらず、配当利回りは2.9%。100株所有で5000円分の買物券がもらえるので、優待利回りは4.2%。配当と優待を合わせた総合利回りは7.1%。マックスバリュ東海の8%といいう数字に負けず劣らず魅力的な水準と言えましょう。

2月の月次数字は全店売上が104.5%、既存店が96.2%。これまたマックスバリュ東海と似たりよったり。

バリュエーションにしても財務にしても、何にしても、MV西日本とMV東海は瓜二つですな。

ってことはですよ、結局、マーケットがこういう食品スーパーに今付ける評価はこれぐらいが妥当って事でしょう。マーケットの評価が上がら無いと株価は上がらない。なぜか個別に叩き売られているわけじゃないからね。

専門小売銘柄
イオン マックスバリュ西日本 株主優待 配当 食品スーパー 高利回り

2009/04/12 22:10

マックスバリュ東海、ディフェンシブで利回りが8%超は魅力的

~ イオンの反省と仕入・管理一本化などで価格を下げれば消費者は喜ぶ。 ~

マックスバリュ東海の決算発表。

平成21年2月期 決算短信

2009041207.gif今期は少しの増収増益を計画。残念ながら配当は2円減の36円。配当利回りは3.4%。株主優待は100株で5000円分の割引券なので、優待利回りは4.7%。配当と優待を合わせた総合利回りは8%。まともな食品スーパー株で8%の利回りは魅力的ですな。

3月の月次数字は、全店が111.8%、既存店が97%。2月に大きく落ち込んだ既存店はある程度回復。たった一月の数字の動きでは何も分かりませんよ。

最近、「イオンの反省」というのが話題になりました。

「イオンの価格は、他店にくらべて、決して安くはありませんでした」
「イオンの売り場には、欲しいと思える商品が並んでいませんでした」
「イオンは、お客さまへのサービスを、怠っていました」

確かにイオン系は安くはなかった。高くも無いけど、安くはないという感じですか。それを反省したのはマックスバリュ系でも同じなわけで、これからはより安い食品が並ぶことになりましょう。

品揃えやサービスは十分なレベルで、消費者はどうしても価格に引きつけられる。イオンの反省で価格が下がれば、消費者の足は以前よりイオン系に向かい安くなるのは間違いない。ジャスコへ行くと間違いなく安くなった食品が沢山ありますな。

ただ、安くすることが単に利益を削ることでは投資家には全然意味がない。というか、やめて欲しいですな。

イオンの場合、今日の日経新聞にあるように、コストカットできる部分はまだまだあるんでしょう。

2009/04/12, 日本経済新聞 朝刊

イオン、仕入れ・管理一本化、まず東北地区。

 イオンはグループ各社が個別に運営していた商品調達や管理部門を地域ごとに統合する。まず今夏をメドに東北にあるスーパーなど四社の機能を集約して十億円超のコストを削減、順次全国に広げる。金融事業でもグループ各社の連携を強める。

 調達や管理部門を地域ごとに統合するのは総合スーパーや食品スーパーなどグループ約二十社。二十社で連結売上高の約八割を占める。これまでは本社が全国一括の仕入れをする以外は、各社が地域ごとに仕入れをするため、取引で価格交渉力が発揮できなかった。

 東北では「ジャスコ」を運営するイオンリテールの東北カンパニーが受け皿となる。対象企業はイオンスーパーセンター(盛岡市)、マックスバリュ東北(秋田市)、ホームセンターのサンデー(青森県八戸市)。商品仕入れや人事総務、営業企画などの業務を順次一本化する。

 イオンは地方スーパーを合併などで取り込んで規模の拡大を急いできた。管理部門については、情報システムの共通化などが遅れていた。北海道、九州を除く全国を五ブロックに分け、東北と同様の形で統合する方針だ。

 金融事業も効率化する。傘下に銀行やクレジットカード会社を持つが、これまで同じショッピングセンターで別々の窓口をもうけていた。今後は銀行の店舗の近くに集約する。

この施策がマックスバリュ東海の業績として実を結ぶのはまだ先。すぐに業績になんて直結しない。しかし、重要なのは、そういう方向にあるという事実。

専門小売銘柄
イオン ディフェンシブ マックスバリュ東海 株主優待 配当 食品スーパー 高利回り

2009/04/12 22:10

チェルト、安定的なビジネスは変わらず、株価評価はかなり低い

~ 安定的なビジネスでわずかでも増収増益を計画、それでもマーケットの評価は利回り6%。 ~

チェルトの決算発表。

平成21年2月期 決算短信(非連結)

2009041206.gif前期に続き、今期もわずかながらの増収増益を計画。ま、業績横這いって言うことですか。それでも配当は1円増の70円を予定。今時増配を計画するのは立派じゃないですか?配当利回りは6%。期末一括配当ではなくて中間配当をして欲しいですな。

特に変わったこともなく、相変わらず安定的なビジネス。PERで5.2倍、PBRで0.8倍、配当利回りで6%なんていう株価は安いんじゃないですか?

専門小売銘柄
チェルト ディフェンシブ 配当 高利回り

2009/03/29 13:01

ニトリ、今期も10%程度の増益を計画、家具業界には伸びしろがある

~ 家具マーケットは普通の競争経済を持ち込んだだけシェアが取れる旧態依然とした業界。 ~

ニトリの決算発表。

平成21年2月期 決算短信

今期も10%ぐらいの増収増益を計画。今時珍しい増配を予定。棚卸資産、買掛金、借入金は増えていない。ずいぶん値下げした印象があるけど、原価率は2%以上も改善。販管費がちょっと悪化。キャッシュフローは出店するのに十分ある。

いやはや、強いですな。

円高で恩恵を受けて値下げするというけど、円高だけでこれだけの事は出来ないでしょう。円安になれば値上げするのかと言えば、そうはならない計画。そういう体制を作り上げたというのが会社側の主張。嘘じゃないんじゃないですか?

そもそも、家具業界がどれほど非効率でバカげているか、町の家具屋に行けばよく分かる。あんなモノがあんな値段で売られているという、ただそれだけの事で十分でしょう?ニトリはそういう家具業界に当たり前の競争経済の概念を持ち込んでるだけ。

まだまだそういう業界だから出店余地は十分あるし、業績の伸びしろだって大きい。

2009032912.gifそうは言ってもこの不景気。さすが苦しいはずなのは間違いない。それでも増収増益計画なのだから立派ですね。

ところで、家具業界みたいな、旧態依然としたバカげた業界の一つが工場消耗品市場だと思う。特に中小工場向けの工場消耗品とか交換部品。そう、MonotaRoが頑張っている分野ですね。

とにかくモノが作られない不景気で、MonotaRoの業績も今期は停滞する。でも、景気が回復したときには業績はもうれつに伸びるはず。普通に常識を持って考えて理屈の通らない業界にはいずれ破壊者が現れる。工場消耗品ではMonotaRoがそれだと考えています。

専門小売銘柄
MonotaRo ニトリ 家具 工場消耗品

2009/03/29 12:12

カスミ、10%を超える下方修正、今期3度目の減額、食品も苦しい

~ ディフェンシブな食料品さえも売れなくなっているという不景気の強さを認識。 ~

カスミの下方修正。

業績予想の修正及び特別損失の計上に関するお知らせ

売上げの減額幅は少しであるものの、利益は10%以上の下方修正。価格競争が激しくて利益が出ないという会社側の説明はその通りでしょうな。

今期3度目の下方修正。食品スーパーも予想を超えてどんどん悪い状況になってるって事。

専門小売銘柄
カスミ 食品スーパー 食料品

2009/03/20 19:07

ビックカメラ、不正会計で上場廃止の可能性から復活した、株は上

~ 配当と株主優待で20%の利回り、倒産せず利回りが維持されるなら、絶対に負けない投資。 ~

ビックカメラが上場廃止の瀬戸際からカムバック。

2009/03/19, 日本経済新聞 朝刊

ビックカメラ、上場維持へ、監理銘柄指定を解除。

 東京証券取引所は十八日、上場廃止の是非を検討していたビックカメラの「監理銘柄」指定を解き、上場を維持する方針を固めた。有価証券報告書の虚偽記載の実態を審査してきたが、上場廃止にするほどの悪質性や組織性はないと判断した。東証の自主規制法人が近く臨時理事会を開き、決定する。

 ビックは二〇〇二年に池袋本店などの不動産をSPC(特別目的会社)に売却する会計処理を実施した。ただ、この会計処理について証券取引等監視委員会が調査に入ったのを受け、昨年十二月に過去の決算を見直すと表明。今年二月には二〇〇二年八月期から二〇〇八年八月期までの七期分の決算を訂正した。

ビックカメラの配当利回りは5%。決算修正で大赤字ではあるものの、あくまで過年度決算を修正した特損。キャッシュアウトはない。配当は出ると考えますよ。

株主優待も充実していて、3000円の買物券がもらえる。優待利回りは驚きの15%。配当と合わせて総合利回りは20%とバカみたいな数字なわけです。

もともと過年度決算の問題が出る前より、ビックカメラの総合利回りは10%を超えていた。つまり、優待狙いの個人投資家がたっぷりいた。そこへ爆弾が落ちて株価は暴落し、さらに利回りが高まった。

その理由は、上場廃止になるんじゃないかという心配だけですな。

その心配がなくなった今、20%の利回りを取るべく買いが集まるんじゃないですか?とりあえず日経記事の翌日はストップ高。何日か続いてもおかしくないですね。20%利回りがあって、倒産や上場廃止にならない株を買って負ける事なんてあり得ない。

ところで、監理銘柄指定を解除は日経の記事にあるだけで、東証からは正式に発表されていませんな。これについてはビックカメラもプレスリリースを出している。

当社に関する一部報道について

裏付けもなくそんなこと記事にしないだろうから、大丈夫だとは思いますね。

専門小売銘柄
ビックカメラ 上場廃止 不正会計 家電販売 株主優待 配当 高利回り

2009/03/10 16:04

マックスバリュ東海、食品スーパーとしては魅力的な利回り水準

~ 優待+配当の総合利回り8.6%は高い、利益水準的にも株価は安いところまで売られている。 ~

マックスバリュ東海の2月月次。

2009年2月期  2月度月次売上高前年比速報(個別)

200903102.gif食品スーパーとしては普通に数字を出していて、何も驚きはありません。株価はずいぶん下げていて、配当利回りは3.8%、優待利回りが4.8%、合計利回りが8.6%。文句なしに魅力的な水準じゃないですか?

利益から考えても株価は全然高くない。

問題は、配当も優待も2月期末まとめてなので先が長いこと。中間配当出すようにして欲しいですな。

専門小売銘柄
スーパー ディフェンシブ マックスバリュ東海 優待 高利回り

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages

patch