カテゴリー: 新エネルギー・環境

2008/09/21 17:05

石井表記が中間決算を発表

~ 強弱入り交じった中間決算で、どうすればいいのか難しい。 ~

石井表記の中間決算発表。

平成21年1月期 中間決算短信

先日、中間数字の下方修正があったので、中間決算の数字自体に驚きはない。あるわけない。あったらヒドイ。

投資家の目は果たして通期の数字がどうなのか?計画達成できるのか?にフォーカスされておりましょう。で、通期業績の修正はなし。前期比で売上+40%、経利+52%、純利+57%の超強気計画のままね。EPSは233円で、PERは8.4倍と思わず買ってしまう株価です。

進捗率は、売上で43%、経利で27%とものすごく低いゾ。結局、本当に通期予想通りに行くの、石井さん?と聞きたいわけである。

それを占うのは受注と受注残の状況なわけだけど、これが実に好調で困る。困るというのは、この数字が悪ければ、あー石井さんは大うそつきだなあ、と解決されるものを、なまじっか好調な数字を出されるから、さてどうしたものかと悩んでしまうのである。

全体の受注額は前期比で+43%、受注残が2.5倍。利益率が高くて重要な製造装置に関して言えば、受注+70%、受注残2.8倍と絶好調。太陽電池ウエハーも絶好調。

もうちょっと考えてみる。

今の通期計画では、下期の営業利益率は16%を越えないとダメ。この数字は石井表記の過去の数字を思いっきりぶっちぎらないと叩き出せない数字。一番利益率の高い製造装置部門の営業利益率が13%。

じゃあ、利益率がもっと低くていいように売上がどーんと伸びればいいが、現段階の計画で既に前期比+58%でっせ。+100%ぐらい持っていけるのか?いや、それは行きすぎだ。いや、受注残は2.5倍もあるんだから案外いけるんじゃないか。どっちなんだい、石井君。みんなそういう風に考えているんだろう。

石井表記は基本的に下方修正の癖がある。毎年年初には強気の計画で、下方修正を出すのが日課になっている。だから今年も同じじゃないの?いや待て、今年は受注残が豊富だぞ。どっちなんだい、石井君。

さて、難しいねえ。予想通りに業績が行くなら株価はずいぶん安いし、行かなければちょうど良い水準ぐらいなんだろうし。

どっちなんだい、石井君。

新エネルギー・環境
太陽光発電 石井表記

 1  |  2  | All pages

patch