2009/09/15 22:10

飯田産業、第1四半期は計画通り順調、建て売り住宅は底を見た

飯田産業の第1四半期決算。

平成22年4月期 第1四半期決算短信

会社計画通りに順調に業績回復。

飯田の主張。

マンション分譲会社をはじめとして、多くの不動産会社が事業規模を縮小せざるを得ない事態となるなかで、販売価格の低下、低金利の住宅ローンや、住宅取得減税をはじめとする政府による住宅に関連する景気刺激策などによって、顧客の購入意欲を喚起するような低価格帯の住宅の需要が堅調に推移し、このような住宅を供給できる企業にとっては、業績の好転の追い風となりました。

マンションは売れないよ、でも安い建て売り住宅は売れるよ、ということですか。確かに、マンション販売戸数は下げ止まる気配がない。一方で、パワービルダーの販売状況はもう悪化していない。

そして何より、戸建ては売れば利益が出る状況になった。もう損が出ようがナンだろうがとにかく売り払えという事はなくなった。

これからの順番としては、オフィスビル空室率、賃料、マンション販売、マンション価格、そして最後に流動化ですか。最初の4つは順不同でも、流動化はどうやっても最後。

ってことになれば、これから注意してみていく株は分かるというもの。

不動産・マンデベ・流動化
パワービルダー 不動産 建て売り 戸建て 飯田産業



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch