2009/04/21 19:07

フージャース、かつての優良マンデベ・誠実社長が倒産寸前

フージャースが下方修正を発表。

平成21年3月期 通期業績予想の修正に関するお知らせ

こりゃひどいですな。純利益は137億の赤字へ100億円以上の下方修正。5月15日の決算では、自己資本比率はかろうじてプラスという数字まで減少することになりましょう。今期1Qが赤字なら、債務超過転落じゃないですか?

フージャースの発表にあるとおり、東証2部への降格、時価総額の小ささで上場廃止、と言うようリスクも十分ですな。そして何より、倒産というリスクも覚悟しておくべき。

それにしても、かつて優良マンデベと呼ばれたフージャースですが、見る影もありません。誠実と言われた社長も、持株は担保処分でどんどん減っているしね。なんて事はない、数年前は不動産マーケットが良かっただけということですか。

ま、不動産に限らず、世の中全ての企業の業績なんて、マーケットが良いか悪いかでしかないけどね。

不動産・マンデベ・流動化
フージャース マンション マンデベ 不動産



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch