2009/02/15 09:09

セイクレスト、3Qは倒産せずに債務超過を生き延びた、どこまで行く?

セイクレストの第3四半期決算。

平成21年3月期 第3四半期決算短信

とりあえず生き延びていますな。すでに債務超過で現金は6400万円しか持っていない。当然支払には窮しているわけで、いつ倒産してもおかしくない。

同時に発表になった「継続企業の前提に関する事項の注記についてのお知らせ」にこう書かれている。

平成20 年12 月末日現在、金融機関に対して運転資金として発行した社債28,000 千円については延滞、また、役員報酬を含む一部経費21,717 千円についての支払いの遅延が発生している状況となっております。平成21 年2月13 日時点におきましては、合計47,217千円についての支払いの遅延が発生している状況となっており、支払いの遅延の状況を完全に解消するには至っておりません。

社債償還資金のたった2800万円ぽっちが用意できない。なんと情けない。役員報酬2200万円はまあカットすればいいだけの話ではある。

棚卸資産は48億円から6億円まで急減。こんなに頑張って資産処分したのにお金がないってことはですよ、どれだけ高値で不動産を買ってしまったのかが分かるというものです。

監査法人は明誠。

引き続き倒産は覚悟ですな。

不動産・マンデベ・流動化
セイクレスト マンション マンデベ 不動産 代理販売 流動化



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch