2009/02/11 11:11

丸誠の3Qは順調、現金価値割れと5%真ん中以上の配当だけが頼り

丸誠の第3四半期決算。

平成21年3月期 第3四半期決算短信

業績は横這いで順調。

流れとしては苦しいのは間違いない。企業業績の悪化と不動産マーケットの悪化は当然ビルメンテナンスの価格にもプレッシャーになる。空室率はじわりじわりと上昇しているわけで、賃貸屋さんもビルメンテナンス費用を安くしたいのは当たり前。

200902111.gif向かい風はあっても追い風なんて一個もない。

結局、現金価値割れまで叩き売られることと高配当利回りだけが頼り。具体的には、配当利回りで5%台真ん中ぐらいになり、現金修正BPS420円を大きく下回る状況になれば買ってもいいかなって事ですね。

チャートで言えばまさに前回の底値付近になりましょう。

不動産・マンデベ・流動化
PBR ビルメンテナンス 不動産 丸誠 配当 高利回り



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch