2009/01/17 23:11

アセット・インベスターズ、第三者割当完了で古川傘下へ

アセット・インベスターズの第三者割当が完了。

第三者割当増資の払込完了に関するお知らせ

予定通りアセット・マネジャーズ・ホールディングスの創業者・会長の古川さんが出資。TOTAL NETWORK HOLDINGS LIMITEDは何だか分からんが、古川さんがらみだと推察。

結局、アセットマネジャーズがボロボロになって、古川さんの世界10指に入る投資銀行計画は頓挫したわけですよ。いちごアセットが筆頭株主になって、名実とも古川さんの手を離れてしまった。

それじゃあつまらないので今度はアセットインベスターズを船にして再出航ってことなのでしょうな。

アセットマネジャーズからは手切れ金と言うことで5億円の債務免除を受けた。

債務免除等の金融支援に関するお知らせ

アセット・マネジャーズ・ホールディングスとしてはここ何年かずっと言ってきたわけだけど、何とかアセット・インベスターズを切り離して東証一部へ上場したいという気持ちがあった。切り離しとは当然売却だったわけだけど、いろいろ言っているうちにこんな金融危機・不景気になってしまい、売るに売れなくなったのはご存じの通り。

こんな形での切り離しは無念でしょうな。何も得がないのだからね。

アセットマネジャーズは不動産ファンド事業に経営資源を集中させていくのだが、アセットインベスターズは相変わらずマーチャント・バンクを目指すみたい。

新経営戦略の策定に関するお知らせ

特には日本と中国をなんちゃらで、古川色が非常に色濃く出ていますな。中国人のアドバイザーも沢山迎え入れて、これまでアセットマネジャーズでやってきたことをそのまま引き継ぐ感じです。

さて、古川さんの野望は大成するのでしょうか?

わかりませんな。しかしながら、中国が発展していくという大前提は間違っていないはず。そこにでっかいビジネスチャンスがあるもの確実なわけで、今はたまたま世界景気・金融がこんな風になってしまって、苦しい側面が沢山出てきた。

だからって今やめてしまえばそれっきり。だから頑張る。そういう古川さんの姿勢は嫌いじゃないです。中国の人脈もすごいものがあるようなので、うまく行けば大成功するわけですよ。

中国というとインフラ整備、低コスト製造業、個人消費の増大、みたいな感じで、その関連企業が「中国の経済発展で恩恵を受ける銘柄」みたいに呼ばれる。それは間違ってはいない。そういう中国関連銘柄に対して、裏中国銘柄ってことでアセット・インベスターズの位置づけがあってもいいですね。

あくまで裏ですけどね。

不動産・マンデベ・流動化
アセット・インベスターズ ファンド 不動産 中国 流動化



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch