2008/12/06 08:08

ファンドクリエーション、絶頂下方修正、大赤字は間違いなし

ファンドクリエーションの絶頂下方修正。

平成20 年11 月期業績予想(売上高・営業収益)の修正及び配当予想の修正に関するお知らせ

売上の予想が163億から31億へ。売却を計画していた物件が売れないことになっての下方修正。不動産屋ならありがちな話ですな。

一つ巨大物件の売却を計画していたんでしょうかねえ。100億ぐらいの。そうなると、その一つの話がダメになるだけであっという間に絶頂下方修正になる。ファンドクリエーションのような規模の小さな不動産屋なら十分あり得る。

っていうか、規模の大小は関係ない。昔ありましたよね、アーバンコーポレイションでも。400億か500億ぐらいの物件が売上計上できなくなって、エグイ下方修正をして株価が暴落したことが。

今回のリリースでは利益は修正されていませんな。影響が未確定ということだけであって利益が計画通り出るわけじゃない。大赤字になるんじゃないですか?

不動産・マンデベ・流動化
ファンド ファンドクリエーション 不動産 流動化



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch