2008/11/18 07:07

日住サービス、フィービジネスが赤字になるほど不動産は売れない

日住サービスの第3四半期決算。

平成20年12月期 第3四半期財務・業績の概況

赤字です。通期でも赤字の予想。こういう企業でも赤字になってしまうほど不動産マーケットは冷え込んでいるわけですな。

200811171.jpg 日住サービスは不動産売買や工事もしてはいるものの、基本のサービスは不動産仲介で、いわゆるフィービジネスってやつです。それが赤字になってしまうのだから。右のグラフの通り、中間期までの数字だけど仲介の取扱件数と売買仲介料はがっくりと減っている。

新築マンションが売れないのは、値上がりがあったからと考えれば分かりやすい。中古マンションは中古一戸建ては、よほどの地域でない限りほとんど値上がりしていないはず。ってことはですよ、住宅が売れないのは値上がりのせいばかりじゃないということ。消費者は消費していないわけですな。そりゃあ日々の食費を切りつめる中で住宅なんて買えませんね。

不動産マーケットの冬は長く厳しい。

不動産・マンデベ・流動化
マンション 一戸建て 不動産 仲介 日住サービス



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch