2008/11/11 13:01

NTT都市開発、オフィスビルの需要と賃料は下がる方向

NTT都市開発の中間決算発表。

平成21年3月期 第2四半期決算短信

賃貸オフィス市場においては、東京都心5区のオフィスビルでは、平均空室率は4%台に上昇し、平均賃料の上昇傾向が弱まっております。また、地方圏における平均空室率は、上昇あるいは高止まりといった傾向が見られております。

200811096.jpg 右のグラフでも分かるとおり、東京都心5区のオフィスビル空室率は上昇基調にあり、それにあわせてNTT都市開発の所有するビルの空室率も上昇している。さすがに景気悪化が ボディーブローのように効いてきていますな。都心がだめなら地方がダメなのは火を見るより明らか。

それでもNTT都市開発のバリュエーションはかなり高い。NTTの子会社なので絶対潰れないという安心感プレミアムですな。外国人も安心して所有していて、外国人持ち株比率は高め。

そうは言っても高値からの下落は他の不動産屋と全然変わらず厳しいものがありますなあ。

不動産・マンデベ・流動化
NTT都市開発 オフィスビル 不動産 空室率 賃貸



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch