2008/11/06 23:11

ゴールドクレスト、さすがの中間発表、あっぱれです

ゴールドクレストの中間決算発表。

平成21年3月期 第2四半期決算短信

驚きの強い数字。増収で大幅増益。通期の予想は相変わらず減収減益で変わらず。しかし、株価はそうは言っていない。連続ストップ高が止まらないですなあ。

やはり最後の砦、ゴールドクレスト。社長の目利きというかビジネス感というかマーケットを捉える力というか、なかなか他の不動産屋は真似できないですな。

2003年か4年ぐらいまでの不動産価格の下落時にしこたま土地を仕入れた。2006年から7年にかけて不動産価格が上がってくると、土地の仕入を急速に絞り込む。この時期、他の不動産屋はまだまだイケイケドンドンでじゃんじゃん仕入をしていた。

現状、ゴールドクレストは3年分ぐらいの土地をかなりの低価格で仕入れて持っているらしい。そこのマンションを建てて売っていくわけだから、そりゃ他社より安くても利益の出る物件が完成しますわな。

有利子負債を削減しつつ財務を強化している今、株主資本比率は驚きの40%越え。マンデベではあり得ない数字じゃないですか。あったとしても、超消極姿勢のマンデベですなあ。ゴルクレは決して消極的じゃない、成長企業と言ってもおかしくない。

来年あたりからまた安く売り叩かれている土地を余裕綽々で仕入れていくのだろうか。またマンションが売れるようになったときにどうなるか。。。火を見るよりはっきりしていると言えましょう。

さすがゴールドクレスト。

不動産・マンデベ・流動化
ゴールドクレスト マンション マンデベ 不動産



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch