2008/11/03 12:12

REIT上場取りやめで利益が出ないってねえ

大和ハウスがREITの上場を取りやめ。日経の記事にもあるように、「REITを自社物件の利益を確定させる売り先として想定」しているというのだから、嫌な話です。金融商品としての不動産の流れとしては、どうしもそうならざるを得ないのだが、はっきりとそう言われると心苦しいものがないですか。

2008/11/01, 日本経済新聞 朝刊

大和ハウス、REIT上場先送り。

 大和ハウス工業は二〇〇九年三月期中の系列不動産投資信託(REIT)の上場を断念する。自社開発物件の利益を確定させる売り先として想定していたが、金融・不動産市場の混乱が響いた。REITの上場先送りを受け、通期の連結営業利益は前期比二一%減の七百億円程度と従来予想(七%増の九百五十億円)から下振れする。

 通期の売上高は一兆七千億円に届かない公算が大きい。従来予想は一兆七千五百億円。経常利益は二%減の六百億円程度と、従来予想(五三%増の九百三十五億円)を三百億円超下回る。REITへの売却を想定していた分がなくなることで、売上高で五百億円、利益で百五十億円の減収減益要因となる。

 〇八年四―九月期の営業利益は前年同期比一四%減の三百五十億円前後となったもよう。

不動産マーケット
REIT 不動産 大和ハウス工業 流動化



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch