2009/07/27 17:05

The Onionにまんまと騙された、中国系を疑う自分が情けない

まずはこれを観賞。


Police Still Searching For Missing Productive, Obedient Woman

The Onionというサイトを全く知らなかった。知らない状態でこのクリップを見たので一瞬驚いた。ええっ!まさかこれって本当なの?こんな番組あり得るの!?ってね。

Wikipediaの説明。

The Onion is a Peabody Award-winning American “fake news” organization. It features satirical articles reporting on international, national, and local news as well as an entertainment newspaper and website known as The A.V. Club.

The Onion’s articles comment on current events, both real and imagined. It parodies traditional newspaper features, such as editorials, man-on-the-street interviews, and stock quotes, as well as traditional newspaper layout and AP-style editorial voice.

そりゃあそうだよねえ。。。まさか本当のワケないよね。

でも、一瞬でも信じてしまいそうになったのは、The Onionを見ると、どうやらThe Onionは中国系らしいと思わせる作りになっているからだと、後から思った。その中国系を思わせるようなデザインにしているところも実はニセなんです。

ああやっぱりね、とつくづく思った。何がああやっぱりね、か?あり得ないモノでもそれが中国系であれば、信じてしまいそうになる自分がいるってこと。

日本や欧米ではあり得ないモノでも、中国であれば万が一にもあり得る。ナンでもカンでもそういう風に考えると大きく間違えると頭では理解している。偏見や感情や島国根性で外を見ることはしないようにしているつもりだ。客観的に見ても(って、こんなこと客観的に見られる分けないけど)自分は物事にたいしてはかなりオープンだ。

なのに、The Onionを知識ゼロで見たとき、中国系なのであり得るのか、と心の奥で一瞬思った。まんまとThe Onionの罠に引っかかった馬鹿者です。

そんな罠が仕掛けられるのは、それに引っかかる人が多いから。つまり、そういう風にモノを捉えている人が多いって事でしょ。ああ、自分もそんな大多数の1人だったとは。

よもやま話(投資以外の話題)
The Onion ウェブサイト コラム 中国



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch