2009/01/17 23:11

TrueImageとHDL-GS500でバックアップ、ハードディスクは消耗品

思い腰をようやく持ち上げて、自分のPCのバックアップをしっかり取るようにしました。

これまでいろんなところでハードディスクが逝ってしまってデータを失うと言う話を聞いてきたわけです。幸いにもそういう悲劇が自分に起こったことはない。

しかし、今自分が使っているPCのハードが飛んで、データを失うなんて事になれば一体どうすればいいのか、皆目見当が付かない。途方に暮れるでしょうな。ぼーぜんとするでしょうな。いや、本当に。

それぐらいにPCのデータをなくすことは自分にとって悲劇なんです。

にも関わらず、まともなバックアップを取っていないのはあまりにもリスク管理が甘いと言えましょう。株のリスク管理ばかりしている場合じゃない。

まあ、バックアップは取るには取っていたのだが、PCのハードディスクにバックアップをしているので、ハードがご臨終になれば全く意味がない。バカげてる。。。

そこで、バックアップソフトと外付けハードディスクをいよいよ購入した。遅すぎですがね。

バックアップソフトはAcronis True Image 11 Home、外付けハードディスクはI-O DATA 1000BASE/T対応 ネットワークハードディスク 500GB HDL-GS500

いくつかネットショップを見て回るが、結局いつもAmazonで買う。送料とかポイントとか考えれば、だいたいアマゾンがお得なんですよねえ。

TrueImageはバックアップソフトの定番なのであまり難しいことを考えずに選択。バックアップには完全、差分、増分と基本的に3種類あるけど、それぞれ一長一短。好みに合わせて選べば良いわけだが、決まっていないのであればこの3つができるソフトを選んだ方がいいんじゃないですかね。

それから、バックアップのスケジューリング。定期的に自動バックアップしてくれる機能ですね。これは必須かと。

もう一つ絶対必要なのは、ネットワークに接続されたハードディスクにバックアップを取れること。なぜなら買ったハードディスクがネットワーク接続だから。

そもそもPCにダイレクトにUSBなどを使って外付けハードディスクをつけるのは好きじゃない。ノートPCなのでそこに線がつながっているのは邪魔。それに、2台PCがあるので、共有するには常に2台を起動しておかなければならない。これは面倒。

その点NASであれば全て丸く収まる。

今回買ったのはIOデータのGS500。設定は超簡単。つないでポンです。静かなのがナイスです。

500Gというのは今時小さいと思うかも知れないけれど、自分的にはこれで十分。画像や動画などの保存はあまり無いので500Gあれば十分なのです。

これでバックアップ体制は整った。万が一、ノートPCのハードが逝ってしまったとしても、面倒ではあるもののデータを復活できる。データだけではなくて、アプリや環境全てを一発で取り戻せる。

なんと心強いんでしょうね。今の不景気ダメダメ相場で、売り叩かれた高配当利回りなディフェンシブ銘柄で下げても何とかなるし下げても知れている株みたいな心強さですか。

でも、冗談でもなんでもなくて、PCのデータはバックアップすべきですよ。ハードディスクは消耗品。いつ壊れてもおかしくないのですからね。転ばぬ先の杖。2万円ぐらいの出費は惜しまずに。

よもやま話(投資以外の話題)
PC ハードディスク バックアップ 外付けハードディスク



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch