カテゴリー: 相場メモ・備忘録

2009/06/14 22:10

2009/6/14の相場メモ:忘れちゃいけないアレやコレ

~ 日本でもアメリカでも不動産が底を打ったようだ(米商業不動産除く)、新興国は頑張っている。 ~

アメリカ不動産

・4月の新築販売 先月比横這い、前年比激減
・年率換算 先月比微増、前年比-34%
・在庫 10.1ヶ月 1月の12.4ヶ月が過去最高数字
・新築販売は底打ち、在庫はピークを打った、回復は弱い

日本不動産(企業投資物件)

・ファイナンスが緩和 3、4月の厳しさが5月に入って様変わり
・1年ぶりに1000億円の取引が成立
・価格が上がっている実感、5月から良い物件が出てこない
・1~3月がボトムか?
・空室率は上昇中、特にSクラス

コンテナ運賃

・アジア発欧州行き 4~6月は1~3月比+10%~15%

アメリカモーゲージ

・サブプライムローンのリファイナンスは峠を越えた
・オルトAのリセットはピークの2013年に向けて急増する
・ピークでは月に$10B、累計$270B
・リセットはレート、リキャストは支払い

鉱工業生産指数

・4月は3月比+5.2%、予想より良い、2ヶ月連続上昇
・5月予想+8.8%、6月予想+2.7%
・生産はリーマン前比-15%

インドGDP

・1~3月期 +5.8%、2008年4Qは+5.8%、1Qは+8.6%
・個人消費(GDPの51%) +2.6% 2008年4Qは+2.2%
・2008年度(2009年3月期)は+6.7%

不動産マーケット

・三菱地所の木村社長
・2009年3月期が業績の底、マンションが売れ出した、
・値下げにより損失計上は今のところ無い

コモディティー

・原油、金、農産物、BDI、およそ全てが高値

相場メモ・備忘録
BDI GDP アメリカ インド コモディティー コンテナ 不動産 住宅 原油 海運

2009/06/09 00:12

2009/6/8の相場メモ:忘れちゃいけないアレやコレ

~ マクロ指標には引き続き下げ止まり感、太陽電池、2次電池は忘れない、イールドも。 ~

アメリカ住宅

・ケース・シラー1Q -19.1% 過去21年で最悪
・2006年2Qのピークからは-32.2%
・5月のケース・シラー10都市 -18.6% YOY
・20都市 -18.7% YOY
・下げ止まり感あり

アメリカ消費者信頼感

・5月 54.9(4月は40.8) 2003年以来の大幅アップ
・予想よりずっと良い数字

太陽電池

・昭和シェル 2014までの5年で1600億円の投資
・生産能力を8万KWから100万KWへ
・経常利益1000億のうち500億を太陽発電で

自動車(ハイブリッド)

・各社ハイブリッド積極投入
・2011年に新車販売の20%がハイブリッドへ
・2次電池 08年800億円 → 2020年1兆円?
・自動車部品=ハイブリッド部品

ドラッグストア

・改正薬事法 → 大手スーパーが大衆薬の値引き
・2008年の大衆薬市場=1兆1700億円

ドラム缶

・国内最大手=JFEコンテイナー
・中国での生産急増中 1月5万本 → 4月15万本
・上海工場 1月の稼働率50% → フル生産
・他工場 一時休止 → 生産増
・5月も需要強い
・日本のドラム缶市場規模=上海の市場規模

イールド

・10年ものイールド 上昇中
・イールドカーブは過去最高まで急

相場メモ・備忘録
イールド ケース・シラー ドラッグストア ドラム缶 不動産 住宅 太陽電池 自動車

2009/06/04 20:08

2009/6/4の相場メモ:忘れちゃいけないアレやコレ

~ 中国の製品需要で電子部品や素材が賑わう、電池は自動車向けで長期テーマ。 ~

・2009年1Qの金需要は596t、2008年1Qから+248%(by WGC)
・ETFの需要が+540%、$13.6B
・バーとコインが+33%
・国別ではドイツ、スイス、アメリカなどの新興国からの需要大

UK

・トリプルA格を失う可能性あり
・アメリカも同じ方向にある by Bill Gross

台湾

・中国と経済的、政治的にどんどん近くなっている

AUO(友達光電)

・下期は黒字化の見通し by Vice President
・中国のLCD需要 → 品薄状態

素材

・エチレンプラント4月の稼働率 87%、5ヶ月ぶりの80%超
・エチレン国内生産 -3.3%、昨年9月からの2桁マイナス止まる
・化学各社は5月も増産 → 中国向け
・東ソー フル操業、旭化学 80%→90%
・国内向けは2桁減続く

電子部品価格

・液晶パネル 2ヶ月連続アップ
・フラッシュメモリ 3ヶ月連続アップ
・DRAM 2ヶ月ぶり上昇

テレビ

・日本 エコポイント後 +45%
・中国 地方に加えて都市部でも補助開始
・北米 堅調、パナソニック4~6月期の北米+40%の予想
・パネル価格はタイト → 水平分業メーカーは弱い

韓国

・4月の消費者センチメント105、3月は98、2ヶ月連続の大幅上昇
・デパートの売上げ2ヶ月連続の急上昇
・工業生産は3ヶ月連続アップ

自動車

・国内8社の2010年3月期国内生産 821万台、マイナス14%
・在庫調整は夏までに終了

電池

・GSユアサ+三菱自動車+三菱商事=リチウムエナジージャパン
・電気自動車向け電池工場 2010年稼働

相場メモ・備忘録
AUO エチレン フラッシュメモリ 友達光電 台湾 液晶パネル 電子部品 電池 韓国

2009/05/31 22:10

2009/5/31の相場メモ:忘れちゃいけないアレやコレ

~ 中国の動きにはチグハグなところもある、クレジットカードが米の次の問題、インドが動く。 ~

アメリカ在庫

・在庫変化率は過去無いほどのマイナス
・それでも売上げ在庫率は高い数字で横這い
・もっと在庫調整が必要、でもピークアウトした感がある

アメリカ住宅

・4月の差し押さえは前年比+32%で過去最高レベル
・CAやNVなどの超暴落地域では落ち着き気味

アメリカ小売り

・4月の数字は予想より悪かった
・1月、2月がプラスで、3月、4月がマイナス

中国

・4月の鉄鉱石輸入は過去最高 → 国内鉄鉱石業者は苦しい
・港には在庫が積み上がっている
・船で忙しいのは鉄鉱石船だけ
・国内鉄鋼需要は鉄鉱石輸入ほど強くない
・政府指示で鉄鋼減産 ← 30%の余剰

アメリカの消費者クレジット

・4月のクレジットカードデフォルト=過去最高
・Citi March=9.66% April=10.25%
・Wells March=9.68% April=10.03%
・JPM March=7.13% April=8.07%
・Dsicover March=7.39% April=8.26%

インド

・下院選で与党が大勝 → マーケットには大プラス
・株価上げすぎでマーケット停止、ルピー急騰
・インフラ整備、外資導入

機械受注

・1~3月期 -9.9% = 4四半期連続のマイナス
・3月単月では+21.8% ← 自動車、電機、在庫調整
・10~12月期は過去最悪の-15.1%
・4~6月期の見込み -5%
・減少率は改善

相場メモ・備忘録
アメリカ インド クレジットカード 不動産 中国 在庫 機械受注 鉄鋼

2009/05/30 11:11

2009/5/30の相場メモ:忘れちゃいけないアレやコレ

~ 中国の指標は引き続き改善、イールドと電子部品大手と総合化学は見ておいて損はない。 ~

原油

・リグの数が減少中
・世界全体でも減っているし、アメリカの落ち込みは大きい
・原油価格自体のファンダメンタルズにはプラス

天然ガス

・需要は弱い
・天然ガスETF(UNG)の出来高がうなぎ登り
・USOから移ってきている?

中国

・4月の新規融資額は1~3月に比べ急落
・4月の輸出は前年比-22.6%、先月比-17.1%。予想以上の悪化
・輸出不振 → 政府は内需拡大策へ
・住宅在庫指数はずいぶん下げた
・4月の小売り売上高、予想以上の数字、特に車
・電力のマイナスは変わらず

アメリカ

・貿易赤字は縮小
・これ以上の縮小は望めない。赤字のほとんどが中国と原油だから。
・貿易額の急落は終わった感がある
・財政赤字は過去最高、トレジャリーはどんどん発行される
・イールド、ドルには要注意

電子部品大手7社

・TDK、アルプス電、ローム、村田、日東電工、京セラ、日本電産

総合化学5社

・三菱ケミカル、旭化成、三井化学、住友化学、東ソー
・2009年3月期、旭化学以外赤字。旭化学は住宅が支えた、化学は赤字
・石油化学品の低迷、減損、株損
・三菱ケミは塩ビ樹脂撤退
・2010年3月期、赤字は三菱ケミ、三井化学

相場メモ・備忘録
UNG USO イールド トレジャリー 中国 原油 天然ガス 総合化学 電子部品

2009/05/20 17:05

2009/5/20の相場メモ:忘れちゃいけないアレやコレ

~ トレジャリーイールドを忘れちゃいけない、最低でも横目で動きはチェックしたい。 ~

NAS電池

・日本ガイシが唯一のメーカー(小牧工場2倍へ)
・仏電力大手EDFから300億受注(過去最大)
・NAS+太陽光発電、+風力発電

オフィス空室率

・1年以上の上昇、賃料下落

中国自動車販売

・4月は前年同月比+25%の115万台、2ヶ月連続過去最高
(アメリカの4月は82万台)
・1600CC以下が+57%
・1~4月累計は+9.4%の383万台
・1600CC以下は200万台(全体の50%以上)
・中国メーカーへの恩恵

原油

・アメリカの在庫は上昇止まらない、ストレージキャパ一杯
・「スポット」な資源の順番 電気、天然ガス、原油、農作物、貴金属

クレジットカード

・2月の取扱高は前年同月比+0.5%
・3月は14年ぶりのマイナスの可能性
・リーマン以降二桁成長止まる

コンテナ

・中国の主要港、減少率改善 ← 中国内需
・韓国(アメリカへの製品輸出拠点)底打ち気配なし
・シンガポール(アジア製電子機器を欧米へ)底打ち見られず
・2008年のコンテナ取扱いランキング、上位10のうち8がアジア
1.シンガポール、2.上海 3.香港

イールド

・TEDスプレッド、1年ぶりの小ささ=リーマン前の水準
・トレジャリーイールドは上昇 → モーゲージレートは5%超え
・FEDが買取り増額? → TBT?

相場メモ・備忘録
NAS電池 イールド クレジットカード コンテナ 不動産 中国 原油 自動車

2009/05/11 23:11

2009/5/11の相場メモ:忘れちゃいけないアレやコレ

~ アメリカの統計数字やニュースは先行きが良さそうなものばかり。 ~

デジタル家電

・日本国内、2月、3月の薄型テレビ販売数は前年同月比+30%以上
・パナソニック 2月末からフル生産(1月は10%減産)、現在増産
・シャープ 亀山第二フル生産(以前は50%減産)
・シャープ在庫 日2.1ヶ月、米3.3ヶ月(2008/7)→日0.7、米0.8(2009/2)
・シャープ 堺市新工場前倒し=原価低減

アメリカ雇用

・新規失業者、4週平均、予想より良い数字
・新規失業者のピークと不況の終わりはほぼ同時、が新規失業者は減らない

アメリカ消費者クレジット

・3月は過去18年で最大の落ち込み -5.2%
・クレジットカードが-6.8%(2月-12.8%)、自動車ローン-4.2%(+1.2%)
・貯蓄率は上昇 4.2%(4%以上は10年以上ぶり)

アメリカ小売り

・3月に続き4月も予想より良い数字
・3分の2の小売業者が予想値以上

アメリカ在庫

・ここまで在庫調整はゆるやか、これから激しくなる
・GDPへはマイナス、が在庫調整の最後がGDP悪化の最後

ストレステスト

・銀行が資本不足
・資本調達
・どこも楽勝で調達

相場メモ・備忘録
GDP アメリカ 失業者 小売り 液晶テレビ 金融機関

2009/05/10 23:11

2009/5/10の相場メモ:忘れちゃいけないアレやコレ

~ トレジャリーが下げているのは不気味、景気回復の序章かそれともドル逃避の序章か。 ~

ビル・グロウス

・底は打った。これからの数Qでプラス成長が見られるだろう。

アメリカ指数

・ISMインデックス、ミシガン大消費者信頼感指数 強い数字
・ミシガン大指数は過去2年で最大の上昇幅
・製造業の回復は鈍い

原油、天然ガス

・世界的に開発が中断、延期 → 資源高

韓国

・4月の貿易黒字が過去最高の6000億円(2ヶ月連続更新)
・輸出絶対額は前年同月比-19%、輸入は-35%
・経済活動は弱い

セブンアイ

・底は12~2月期

食用油

・J-オイル、日清オイリオ 5月中旬から10%値上げ

太陽光発電

・First Solarが強い数字、株は30%アップ

アメリカ住宅

・中古住宅販売数はもっと落ちる、差し押さえ物件が減るに従い

イールド

・FEDの買い入れにも関わらずトレジャリー・イールドは上昇傾向

中国

・政府は新エネルギーへの刺激策を数カ月以内に出すだろう
・フォーカスは太陽光発電、バイオマス、水力、風力

相場メモ・備忘録
Bill Gross ISMインデックス ミシガン大消費者信頼感指数 原油 太陽光発電 韓国

2009/05/08 22:10

2009/5/8の相場メモ:忘れちゃいけないアレやコレ

~ 景気の下落スパイラルを断ち切るようなニュースばかり、でもV時回復はない。 ~

アメリカ住宅

・2月のケース・シラー指数 前年比では大きく下落、先月比では下げ止まり感
・ピークからは30%以上の価格下落

アメリカ商業不動産

・空室率アップ、更新率ダウン、特に産業不動産
・キャップレート9%台+賃料下落=価格は急落
・商業不動産の底打ちは住宅よりずっと後

塩ビ

・5月から20%の値下げ(ナフサ価格下落)
・プラスチック製品の原価改善

アメリカ消費

・4月の消費者信頼感指数39.2、3月から12ポイントの上昇
・予想値は29.5
・11月以来の高い数字

アメリカGDP

・2009年1Q -6.1%
・PCEは+2.2%(2008年4Qは-4.3%) 個人消費が戻る?
・NRFIは-38% 回復はずっと先
・輸出と在庫は足を引っ張る。底入れには良い傾向。
・GDPへの貢献が変わってきている。個人消費の方向へ。最悪期は脱した。

鉱工業生産指数

200905011.gif・3月は70.6(先月比+1.6)=6ヶ月ぶりの上昇
・輸出の持ち直し、在庫調整
・1~3月期は-22%
・4~6月期は前期比プラスを期待できる
・4月が+4.3%、5月が+6.1%の見込み ← 株価にはここが重要

アメリカ個人消費

・3月は先月比-0.2%(1月と2月はプラス)

ブラジル政策金利

・11.25% → 10.25%

中国PMI

・4月は53.5(3月は52.4)
・産出指数、新規注文、輸出注文、全部3月より改善
・フリーフォールは終わった

韓国

・4月の輸出は前年比19%減、予想より良い数字(3月は-22%)
・先月比ベースでは2月から輸出は急回復 → 液晶、半導体が中国へ

相場メモ・備忘録
アメリカ 不動産 中国 住宅 鉱工業生産指数 韓国

2009/05/07 18:06

2009/5/7の相場メモ:忘れちゃいけないアレやコレ

~ 韓国マーケットの戻りは凄まじい、液晶パネルや半導体のハイテク関連が引っ張っている。 ~

韓国のハイテク

・1~3月期、サムスン電子、LG電子が黒字化
・サムスンは2月から工場フル生産、LGは年初より液晶プラスチック材料をフル生産
・中国への輸出=液晶パネル、ウォン安
・韓国の1~3月期のGDP+0.1%、マーケットは半年ぶりの高値

下水の処理

・中東での下水利用プラント建設増加
・東レ、三菱レイヨン=処理膜の生産能力倍増
・日立プラントテク=処理装置増産
・膜分離活性汚泥法(MBR)=世界のMBR市場、年率20%増

投資環境

・今後は過去20年のような高収益レベル、高リターンは望めない
・成長力は低く、収益性が低く、低リターンの方向に向かう

・前提の変化?=高成長銘柄が少なく人気に、資金はコモディティーへ?
・何かの変化?

中国の銀行貸出し

・貸出しは急増してはいる
・本来の目的に使われていない
・単純に銀行口座に入れて金利を稼いでいる←金利コストが非常に低い
・株式マーケットに入れられている
・銀行は数字を作るために貸し出している
・ローンタームはショートからロングへシフトしてきている
・ショートタームは運転資金、ロングタームは投資=良い傾向

相場メモ・備忘録
コモディティー サムスン電子 下水処理 中国 投資環境 東レ 液晶パネル 韓国

 1  |  2  | All pages

patch