2009/02/10 15:03

ユビテックの株式分割、ストップ高は古き良き時代の再現か?

ユビテックが株式分割をすると。

株式の分割に関するお知らせ

株式分割は業績が良くて株価が上がる時にするもの。さらに大切なのは、これからも業績好調が十二分に見通せて株価は上がることに企業が自信を持っている時にするもの。

ユビテックはそういう状況なんですか?

平成21年6月期 第2四半期決算短信

とてもそうは思えませんな。それとも業績に影響する何かがあるのでしょうか?

ユビテックはインターネット総研の子会社。インターネット総研はオリックスの子会社。インターネット総研(IRI)は2007年6月にマザーズから上場廃止になった。覚えている人も多いでしょう。

IXIという業績が非常に良い会社があって、それがインターネット総研の子会社だった。しかしIXIの業績好調は全て嘘っぱちで循環取引(だか何だか)の粉飾決算だったわけ。重大な虚偽で、IXIは上場廃止になった。

とばっちりを受けたIRIも上場廃止、っていうような形にはなっているものの、同罪でしょうな。

話がそれたが、株式分割。

株価は5万円ちょっとなわけで、とうてい株式分割が必要なわけはない。

分割発表で株価はストップ高している。いつか見たような光景ですな。その昔、分割で株価は何倍にもなった。ライブドア以前の古き良き時代・・・。

ま、急騰して急落しておしまいですな。

いい加減にしてよ
IXI インターネット総合研究所 オリックス ユビテック 携帯電話



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch