2008/11/13 19:07

株で儲けるために放火するって、どうなってるの

こんなことを考える人もいるんですな。そんなんで本当に儲かると思っているんだろうかね。思ってなくても、もうどうにもせっぱ詰まっていたに違いない。損が膨らんで、どうししても取り戻したかったのかもね。

結局いくら儲かったか知らないが、24~25円の下落ではたいした金額にはなりませんな。ストップ安ぐらいにはならないと。

「相場変動暴行容疑」という罪らしいが、放火で大火事の大惨事になって、最悪の場合死者が出ることだってある。殺人未遂ぐらいしてほしいですな。

清く正しく美しく、相場を張っていきましょ。

東京新聞 2008年11月11日 夕刊

ドンキ放火前に容疑者株空売り 相場変動暴行容疑視野に

 東証一部上場の大手量販店「ドン・キホーテ」の店舗への放火未遂容疑で逮捕された横浜市磯子区東町、会社員関根英雄容疑者(36)が、神奈川県警の調べに対し「放火でドン・キの株価を下げ、利益を得ようと思った」などと供述していることが分かった。

 県警は、関根容疑者が事件前後にドン・キ株を売買していたことから、株価下落を狙い事件を起こしたとみて、金融商品取引法違反(相場変動目的の暴行)容疑での立件を視野に捜査している。証券取引等監視委員会によると、同法の暴行容疑の適用は前例がないという。

 調べでは、関根容疑者は放火未遂事件前に、証券会社を通じてドン・キ株を借りて売却、事件後に値下がりした株を買い戻す「空売り」と呼ばれる手法で差額分の利益を得ていたとみられる。

 ドン・キ株は当時、千八百-二千二百円台で推移していたが、関根容疑者が関与したとみられる横浜市内の二店舗への放火未遂事件翌日、株価はそれぞれ二十四-二十五円下落。事件が影響したかは分からないという。

 県警は、地元新聞社にドン・キへの犯行予告文を送ったとして十月十九日、関根容疑者を威力業務妨害容疑で逮捕した。同二十九日には、横浜市緑区の店舗に七月二日、火を付けようとしたとして放火未遂容疑で再逮捕した。五月二十六日に起きた同市中区の店舗への放火未遂事件への関与も認める供述をしているという

いい加減にしてよ
ドン・キホーテ 犯罪 相場操縦



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch