2008/10/31 23:11

市場が自分自身を否定したらおしまい

いいかげんにしてくれませんかねえ。

株価は場で付いている値が時価って決まっている。投げ売り価格は時価としない、というルールを作ることになったが、大人数か参加している株式マーケットは、マーケットで付いている値が時価なんですよ。

東証で付いている値段を東証自身が否定したら、東証っていったい何なんだ?株式市場の冒涜ですな。東証だけじゃなくて、日本の株式市場全部。ま、時価総額基準による上場廃止をしないというだけだからまだ許せるけどね。

どうせなら、投げ売り価格で正常な時価とは言えないから、明日から全銘柄の株価を2倍に修正します、ってしてくださいよ。全銘柄ストップ安確実。。。

2008/10/31, 日本経済新聞 朝刊

東証・大証・ジャスダック、上場廃止の規則凍結、「時価総額」年内いっぱい。

 東京証券取引所は三十日、時価総額が一定額を下回った企業に適用する上場廃止ルールを十二月末まで凍結すると発表した。株価急落で時価総額基準に抵触する上場企業が十月中だけで二十数社出そうなため。

 東証は「市況全般が急激に悪化した場合」に取引所の判断で時価総額基準を凍結できる規定を初めて活用。十二月末までに時価総額が十億円未満になっても猶予期間入りしない。猶予期間に入っている企業は、期間が三カ月間延長される。

 東証は二〇〇二年以降、月末または月中平均の時価総額が一定額未満に落ち込んだうえ、九カ月の猶予期間内に回復しない企業を上場廃止とする措置を導入した。基準額は第一部と第二部が十億円、マザーズが五億円。

 大阪証券取引所やジャスダック証券取引所も同日、時価総額に関する上場廃止基準を十二月末まで凍結すると発表した。

いい加減にしてよ
JASDAQ 大証 時価会計 東証



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch