2008/12/18 18:06

グリーのIPO、初値は公募価格比+50%、業績成長はぶっちぎり

グリーが新規上場しました。最近はずっとIPOに人気が無くて、初値は公募価格割れが多く続きましたな。そんな中にあってグリーは知名度の高さがあるし、何と言ってもその爆発的な業績の伸びで注目されていた。期待を裏切らず、初値は5000円と公募価格3300円の50%増し、文句無しと言えましょう。

IPO取れた人おめでとさん。(実は私も取れました。)

200812184.jpgSNS(ソーシャルネットワーク)のグリーに限らず、ネット企業の場合どれだけユーザーが伸びているのかが業績を占うポイントになる。ユーザーが2次曲線的に伸びている事が大切。極端な話、利益が伸びなくてもユーザーが伸びて売上が伸びていればいずれ数字はついてくるってことで、株価は上がりますよ。

その点、GREEの会員数グラフは満足のいく形と言えましょう。

会員数の増加とページビューの増加はほぼ一致するのが普通なので、ページビューのグラフを見ても同じ形をしているのは当然ですな。

気にしておくべきなのは広告宣伝費じゃないですか?

GREEは積極的にテレビCMを打っているのはご存じの通り。GREEが何をしている会社かよく分からなくても、GREEって会社があってなんか不思議なCMやってて、携帯電話とゲームに関係があるんだなって、みんな知ってますよね。テレビはほとんど見ない私でもGREEのCMはよく見ている気がするんだからね、これは実にすごい事だと思います。

GREEに限った話じゃなくて、楽天なんかは野球球団まで使って日本国民に楽天を知らしめているわけですよ。

200812185.jpgで、グリーの広告宣伝費は莫大。絶対金額じゃなくて、売上に対する広告宣伝費の大きさですな。前期は売上26億円で広告宣伝費は6億、売上の23%。販管費が13.6億なので、販管費の45%が広告宣伝費。

つまり、広告宣伝費次第で利益はどうにでもなるってこと。ちょっと利益が足りないなと思えば広告宣伝費を削ればいいわけだし、利益が出すぎだなと思えばジャンジャン余分にでも広告宣伝費を増やせるでしょう。

そんな自由な費用があって、前期の経常利益率が36%なんですよ。今期の経常利益率は59%の計画。儲かってしょうがない。

ってことで、業績は文句無しのブッちぎり。同業比較されるのはミクシィやDNAだけど、頭一つも二つも抜けてブッちぎりじゃないですか?

株価は5000円でPER34倍。時価総額は1000億を越えてマザーズではミクシィを抜いていきなりのトップに躍り出た。で、この株価が高いか安いかですな。

相場次第って言うのが一番ぴったりだと思いますよ。

全体相場が良ければPER100倍ぐらいは平気で買われるし、悪ければ20倍ぐらいまで売り叩かれる。ここ何週間の戻り相場みたいな状況ではPER34倍まで買われたのはとてもしっくりくる感じがしますな。ここからも同様で、全体相場の雰囲気で買われたり売られたりするでしょう。出来高があるうちは短期売買にはもってこいと言えましょう。デイトレーダー頑張れ。

IPO・新規上場
IPO SNS グリー ディー・エヌ・エー デイトレ ミクシィ 携帯



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch