2008/12/13 18:06

ソバール、こんな低評価でもIPOするというその心は?

ソバールがJasdaqに新規上場。公開価格は600円で初値は640円。ここのところIPOはずっと公募割れが続いていたのでたったの6%でも良く思えますな。

ソバールはエンジニアリング事業と自社のメイン事業を呼んでいるけど、平たく言えば儀日社の人材派遣。業務請負もありますよ、って言われそうだが、世の中ほとんどの業務請負なんて名前だけ。結局人材派遣ですな。(ソバールが正真正銘の業務請負をやってるかもしれませんが。)

売上の75%はキャノン、15%はソニー。売上の70%が人材派遣。デジカメ、プリンター、テレビ、どれも売れない。ソニーなんてひどい業績です。当然ソバールの業績は伸びるはずもない。今期はそれなりの数字が出されてますけど、来期が良いわけがない。

だからこそ売出価格が600円、PERが3.3倍、PBR0.7倍、配当利回りが8.8%なんて馬鹿げた数字になるわけですな。そなん評価で上場しようって言う経営者や主幹事にもふざけるなといいたい。ま、業績悪くなると上場できない、悪くなるのは分かっている、なんとか業績数字が良い今のうちに上場しときましょう、ってことですか。

幸いなのは財務が優良で利益率も高いことですな。こんな財務で資金調達するわけだから、欲しかったのは上場企業という名前ですな。人材募集に威力を発揮する。うまく行けば配当維持で超高利回りを楽しめる可能性もありますねえ。

IPO・新規上場
IPO ソバール 人材派遣 業務請負 配当 高利回り



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch