2009/03/04 12:12

粉飾決算で上場廃止になったプロデュースの佐藤社長を逮捕

かつて成長株の代表だったプロデュース。粉飾決算であっという間のスピード上場廃止になった。自分も被害を被った一人です。

社長や監査法人には厳罰が下るべきだと思うわけですけど、うやむやになって過ぎていってしまうのが日本のシステム。

どうやら逮捕される事は決まったらしい。(もう逮捕されていて、追加で再逮捕?)

上場廃止で数百億円の被害を出したわけですよ。逮捕されて有罪になって、執行猶予の罰金数百万円、なんてすっとぼけた結果に終わって欲しくないと願いますな。

2009/03/04, 日本経済新聞 朝刊

長岡の機械メーカー、粉飾決算の疑い、前社長ら逮捕へ。

 民事再生法の適用を申請しジャスダック上場廃止となった工作機械メーカー「プロデュース」(新潟県長岡市)が、二〇〇六年六月期と〇七年六月期の二期で、売上高計約百億円を粉飾していた疑いがあることが三日、証券取引等監視委員会の調査で分かった。

 さいたま地検特別刑事部は同社の佐藤英児前社長(40)と、会計監査を担当した公認会計士(39)ら数人を金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで近く逮捕する方針。

マーケットの歴史
プロデュース 上場廃止 粉飾決算



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch