2008/10/28 01:01

2004年と2008年のマンションは同じ状況なのか

日経NBオンラインのこの記事。2004年3月15日のものが再掲されているのだが、まさに今のマンションマーケットと同じじゃないですか。

マンション大異変、驚愕の新築物件投げ売り現場を行く

途中まで読んで、あれ?2004年の記事はどこかで終わってたかな?途中から今の話しになったかな?というように感じて、区切れを探して前ページに戻った。それだけ、この話が今の不動産マーケットに似ているって事ですな。

ひとつ大きく違うのは、当時は不動産ファンドが有力な買い手だったこと。今、不動産ファンドは虫の息でそんな余裕はさらさら無い。

で、記事の最後の法に、「マンションの2005年問題」というセクションがあって、2005年~2006年のマンション大量供給で需給が悪化し、大量の在庫が残ってしまうという予想というか噂をまとめている。

実際にどうなったかと言えば、そのころマンデベ各社は我が世の春を謳歌していた。

ってことはだよ、それを今に当てはめれば、2010年か11年以降ぐらいからマンションは上向くことになる。果たしてどうなるでしょうかな。

マーケットの歴史
ファンド マンション 不動産



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch