2009/06/04 20:08

アインファーマシーズ、今期も業績は順調、割安だし長期的に有望

アインファーマシーズの決算発表。

平成21年4月期 決算短信

200906044.gif前期の業績は、売上げ+9%、営業利益が+19%、経常利益+17%、純利益+32%。文句無しの数字でした。

前期はセブン&アイ・ホールディングスと業務・資本提携をして来るべき競争時代に備えたわけです。

6月1日から改正薬事法が施行され、どこの店でも基本的な薬が売れるようになった。どこの店でもというのは言い過ぎだけど、現実的にはそれに近い。実際、6月1日からはスーパーやホームセンターでいわゆる大衆医薬品の販売が始まった。しかも、ずいぶん値下げしてね。

これはドラッグストアにとっては厄介な問題。今まで医薬品を高利益率で売って、その儲けで他の商品を安く売ってきたわけです。そういうビジネスモデルが成り立たなくなる。ドラッグストアの株価を見てくださいよ。どれもこれもパッとしない。強気にはなれない。

アインファーマシーズはドラッグストアでもないしスーパーでもない。調剤薬局だから改正薬事法は関係ない。それでも7&Iと一緒にやっていくのは、これからは調剤薬局が単独で店舗を出すのではなくて、スーパー内に組み込まれたり、ドラッグストアと合体したり、ホームセンター内にできたりする方向にあるからだと思うんです。

街をあるけば調剤薬局にあたる。個人開業医の隣には必ず調剤薬局がある。こんな一昔前のビジネスはなかなかない。その昔、街のあちこちに小さなスーパーがあり、八百屋があり、魚屋があり、肉屋があったのと同じなわけですよ。

調剤薬局がイトーヨーカドーと一緒になる。食品を買いにいったときに処方箋を渡して、買物して、買物が終わったら受け取りに行けばいい。アメリカでは全部この形ですね。いずれ日本もそうなる。遠くない将来ね。

今期は売上げ+10%、営業利益+14%、経常利益が+16%、純利益が+32%の計画。EPSは220円。文句無しの数字と言えましょう。

PERは7.7倍で割高感は全然ない。というか安過ぎじゃないですか?

配当は5円増の35円を計画。配当利回りは2.1%。まあ、これはどうでもいい。

アインファーマシーズのドラッグストア事業は化粧品の売上比率が75%と高い。改正薬事法の影響はとても小さいと考えてよいかと。

今期は調剤薬局50店舗+都市型のドラッグストア10店舗の出店を計画。前期末は調剤薬局が375店舗、ドラッグストアが46店舗の合計421店舗。店舗増は調剤薬局が+13%、ドラッグストアが+22%。

調剤薬局の市場規模は5兆円。最大手のアインファーマシーズの売上げは1000億円。伸びしろは大きい。

医薬品・医療品・調剤薬局
アインファーマシーズ セブン&アイ・ホールディングス ドラッグストア 調剤薬局



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch