2009/05/08 21:09

日本調剤、今期は大きく増収増益の計画、株価はストップ高連発

日本調剤の決算発表。

平成21年3月期 決算短信

前期の業績は、売上+7%、営業利益が-21%、経常利益が-30%。純利は特別要因があるので無視。

調剤薬局は新規出店が24店舗、閉店が4で期末合計が264店舗。売上高が+6%、営業利益は-6%。営業利益がマイナス成長というのが納得いかないわけですよ。この辺の詳しい説明を聞きたい。いずれ決算説明資料が出るだろうし、説明会動画もアップされるはず。そこでの説明を期待します。

医薬品製造事業は売上+136%と大幅アップだけど、相変わらず営業損失。前期の段階でジェネリック製造は黒字を目指していた。残念ながら黒字転換ならず。日本調剤はこれでずいぶん儲けるつもりらしいけど、個人的には好きじゃない。

設備産業へ投資するのは体力勝負になるわけで、既に大手がいるし、何も今から頑張る必要なんかないと思うんです。自分で作って自分で売るって、聞こえでは効率よさそうだけど、世の中そうなっていないのは明らかですな。

200905065.gif派遣事業は売上が+34%、営業利益が+47%。薬剤師の派遣は悪くない分野。薬剤師に限らず、医療分野、介護分野の派遣は、派遣の中で唯一好調。社会の流れですな。

株主資本比率は19%まで低下。営業キャッシュフローを遥かに超える出店を続けていれば仕方ない。資本増強はいずれ課題になりましょう。新株発行は覚悟しておいて損はない。今の株価ではないだろうけど、上がってきたところは要注意。

今期の計画は、売上+7%、営業利益+29%、経常利益+29%。純利益は特別要因があるので考えない。いずれにせよ、落ち込んだ利益が回復するという想定。多分、ジェネリック製造事業の黒字を見込んでいるんじゃないですか?説明資料ではっきりすると思う。

200905066.gifずっと横這いだった株価は決算発表でストップ高。今期の計画数字を見ての反応ですけど、実はこれと全く同じ動きだったのが昨年。昨年の決算発表時も良い数字が出て、株価はずいぶん上がりましたな。で、下方修正で、株価はご覧の通り低迷を続けた。

今期はどうでしょうね。

日本調剤グループ第2期中期経営計画の策定について」によると、中期経営計画の数字は十分に強い。

EPSで言えば、2012年3月期は325円ってことですな。配当額は97円。無理矢理に今の株価1500円に当てはめると、PERは4.6倍、配当利回りは6.7%。言うまでもないけど、こんな計算で割安だから買いなんて言うのはナンセンスですな。でもとりあえず計算したくなるのが人情ってもの。

それはさておき、今まで通りの理由で、調剤薬局には強気です。

医薬品・医療品・調剤薬局
ジェネリック 医薬品 後発薬 日本調剤 薬剤師 調剤薬局



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch