2009/03/11 10:10

総合メディカル、下方修正は調剤薬局より他部門の影響が大きい

総合メディカルの下方修正。

連結業績予想の修正に関するお知らせ

部門別ではコンサルティングやリースの減額幅が大きくて、調剤薬局部門の減額幅は小さい。そう言う意味で、純粋に調剤薬局セクターのマイナスをイメージするのはちょっと違うと思うんです。

薬局関連事業は景気の急速な悪化などを背景に昨年12月以降で患者さんの受診抑制がみられることに加え、インフルエンザの流行が小規模のまま例年より早期に終息局面に入ったことなどから、患者数が減少し処方せん枚数が計画より下回る見通しとなったためです。

インフルエンザのような季節性も当然ありましょう。

日経の記事によれば、調剤薬局の新規出店数が予定から半減という。既存店売上はマイナス。この辺の話は注意が必要かと。

2009/03/11, 日本経済新聞 朝刊

総合メデカル一転23%減益、今期純利益、景気減速で利用者減。

 調剤薬局が主力の総合メディカルは十日、二〇〇九年三月期の連結純利益が前期比二三%減の十三億円になりそうだと発表した。従来予想を四億円下回り、増益見通しから一転、減益予想になる。景気減速で調剤薬局の新規出店数が予定から半減。利用者数も減る。医師の転職や開業を支援するコンサルティング事業も需要が縮小する。

 売上高は従来予想を四十億円下回り、三%増の六百六十三億円になる見込み。資金調達が難航し医師の新規開業や設備投資が減り、医療機器リース事業が振るわない。

 調剤薬局は薬価改定による価格下落や利用者減で既存店売上高が前期比マイナスになる見通し。ただ、十店舗を新規出店し増収は確保する。

 営業利益は二〇%減の二十四億円。医師不足を背景に医療機関が勤務医を引き留める傾向にあり、好採算の医師の転職支援コンサルティング事業が前期並みの水準にとどまる。

調剤薬局を成長株として考えているわけではないことは忘れない。あくまでディフェンシブ銘柄。加えて、セクター全体として少しずつは成長ができる。寡占化がこれから進むので大手には有利。

売上半減、利益大赤字の企業が沢山ある中で、業績の安定性からディフェンシブなわけです。

そういう視点での投資になりましょう。

医薬品・医療品・調剤薬局
ディフェンシブ 総合メディカル 調剤薬局



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch