2009/03/06 11:11

アインファーマシーズ、3Q決算は順調、上方修正は十分期待できる

アインファーマシーズの第3四半期決算。

平成21年4月期 第3四半期決算短信

文句無しのディフェンシブ銘柄決算。通期業績数字に変更は無いですけど、このままだと4Q単独では前期比3%増収、15%経常減益になってしまう。それはちょっと考えづらいので、いずれ上方修正されるのは確実でしょうね。

仮に4Qの利益が横這いでも2億以上、今の通期計画経常利益に対して5%程度は上乗せされる。5%~10%の間で利益上方修正でいいんじゃないですか?

部門別では調剤薬局はOK、ドラッグストアが相変わらずの赤字、不動産事業も赤字。ドラッグストアは力を入れていく方向なのは変わらず。

200903061.gif資本を受け入れ業務提携したセブン&アイ・ホールディングスとの協業も順調な様子。その資本増強で株主資本比率は+5%の25%。それでも低い数字。株価が上がれば増資も覚悟しておくべき。

配当25円は大丈夫でしょう。利回りは1.5%と魅力はゼロ。

何か知らないけど株は叩き売られていたので、この決算で上へ戻して欲しいですな。株価は全然高くない。

医薬品・医療品・調剤薬局
アインファーマシーズ ディフェンシブ ドラッグストア 調剤薬局



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch