2009/04/16 11:11

日本の赤ちゃん銘柄(西松屋?)を買っているJim Rogers

ジム・ロジャース(Jim Rogers)のスタンス。

これだけ金を刷りまくったら必ずインフレになるのは歴史の証明するとおり。インフレは今年でもなければ来年でもないだろうけど、いずれ猛烈なインフレは来る。

・短期でも長期でも農業コモディティーが良い。

・株式マーケットにはこれから2、3年でもっと底がある。

・今秋か来年、通貨問題が起こる。

・ファンダメンタルが向上しているのはコモディティーだけ。

・現在のラリーをショートしていない。こういうラリーって言うのはいつまで続くか分からないし、こういうラリーはいつも考えるより強くて長いから。

・トレジャリーが最後のバブルだ。将来ショートする。

・原油と金を今年末までで考えると原油の方がいい。IMFが金を売るのは需給を悪化させる。IMFは最大の金保有者。

・日本株で赤ちゃん銘柄を持っている。低い出生率に対して政府が手を打ち、もっと子供が産まれる。

ってことで、Jim Rogersの考えは全然変わっていない。Rogersはちょくちょくいろんなところに登場するので、話を聞く機会は多い。で、いつ聞いても同じ事の繰り返し。Rogersは経済ファンダメンタルズを考えた長期投資家なので当たり前ですな。

面白いのは、そういう長期投資家を前に、インタビューワーやアナウンサーがとんちんかんな質問をするので話がかみ合わない事。そりゃあね、アナウンサーは今、目先、何が上がって何が儲かるか、知りたい。だからそういう答えが返ってくるような質問を繰り返す。会話がかみ合うわけがない。

だからRogersの態度はいつもうんざりって感じなんでしょうな。話し方も投げやりになる。

200904154.gifま、そんなことはどーでもいいけど、今日、わざわざ何も変わらないRogersの考えを書いたのは、最後のところのため。彼は、日本の赤ちゃん銘柄を買っている。

具体的な会社名は出ませんでしたけど、日本の赤ちゃん銘柄でRogersが投資すると言えば限られてくるんじゃないですか?ズバリ、西松屋と推察。だからどうって事はないけど。

しかし、日本の出生率が上がるとは思えません。株は確かに安い。企業としても優良ですな。Rogersは別としてもウォッチして損はありますまい。

著名投資家の考えと行動
Jim Rogers コモディティ 原油 西松やチェーン



関連する記事



2

うっち2009年5月11日 20:21

サンリオは買ってるっていってましたよ。その時の株価が900円でした。

uchapo2009年5月11日 23:38

うっちさん、

そうかあ、サンリオも赤ちゃん銘柄ですね。西松屋じゃなかったんですね。
サンリオはZARAとライセンス契約なんかもあって気にはなっていました。
でもRogersがサンリオですか。娘さんが好きとかいう理由じゃないですよね?

コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch