2009/10/05 07:07

LEDエピウエハーが足りない、製造はMOCVD、面白い相場テーマ

LEDが長期テーマとして面白い事は間違いない。折に触れ相場テーマになってきたし、これから何度も相場を作っては壊すこともあるはず。個人的には、今日までLEDという切り口で投資したことはなくて、とりわけ力を入れて調べたこともない。遅いって言えば遅いですね。

DIGITIMESの記事ですけど、この話が本当だとすれば面白い。2012年までというのは話半分で聞いたとしても、そういう話をするのだから、足下でLEDウエハーが足りていないのは間違いないと思うんです。LEDチップを作るEpistarのCEOが言うのだから確実です。

Yvonne Yu, DIGITIMES [Wednesday 30 September 2009]

Global shortage of epitaxial LED wafers will not ease until 2012, says Epistar chairman

The existing global supply shortage of epitaxial wafers used to make LED chips for backlight modules (BLUs) will not relax until 2012, according to chairman of Taiwan-based LED chipmaker Epistar, Lee Biing-Jye, whose estimation is based on the current demand growth trend and makers’ expansion plans.

With an estimated global demand for 25 billion LED chips for notebooks alone in 2010, makers would need to add 140 sets of MOCVD (metal oxide chemical vapor deposition) machines and run at full utilization to meet the demand, Lee said, adding that expansions in 2010 are expected to be below 100 sets.

If a set of machine cannot be installed before April or May 2010, then it may have no contribution to shipments in the year, he said. Lee explained that a newly installed machine may need 3-6 months before production can start, and LED chipmakers may need another 4-6 months to receive client validation for the products made from the new machine.

Although orders for more than 200 sets of MOCVD machines have been placed with equipment suppliers currently, only about 100 of them will be ready for production in 2010, which is still 40 sets less than the demand requires, he said.

Lee added that expansion of global LED chipmakers is lagging demand growth in the market. And his estimation of the capacity shortage in 2010 has not taken into consideration of possible strong growth for the LED lighting market.

ここからの話は、少しだけ調べた情報を真偽確かめずに書いた物になる。これから自分で調べていくためのベースになる。正しい事もあれば、間違っている事もある。とりあえずここに書いておいて、時間をかけて少しずつ調べていくためのとっかかり。

だから、ここに書かれていることを信じてはいけません。嘘だらけですからね。

LEDを作るウエハは半導体や太陽電池を作る物とは違う。エピウエハーとかLEDウエハーとか呼ばれる。LEDウエハーを作っているのは、豊田合成や日亜化学、昭和電工、大同特殊鋼、ローム。もちろん、信越化学やSUMCOも。Epistarは大手。友達光電、Chi-Meiも。

豊田合成はEpistarにLEDチップの生産を委託している。豊田合成はなぜか生産設備を拡充して自前で増産する気がない。Epistarはフル生産。

ウエハーを作る方法もちょっと違って、MOCVD(有機金属化学気相蒸着法)と呼ばれる製法で作る。化合物半導体。MOCVD装置を作っているのは、ドイツのAIXTRON(AIXG)、アメリカのVEECO(VECO)、日本のアルバック、大陽日酸。日本でAIXTRONを扱っているのは丸文。

Chi-MeiはMOCVD装置を46台設置。第二工場では100台。友達光電も増強中。豊田合成や日亜化学からLED特許を取得する必要あり。

2007年のLEDチップのシェアは日亜がトップで24%。ドイツのOSRAM Opto Semiconductors、オランダのRoyal Philips Electronicsが、それぞれ10.5%、6.5%で2位、3位。2008年も同じ感じ。2009年は大きく動いているらしい。

Seoul Semiconductor、シチズン電子、豊田合成、台湾Everlight Electronics、台湾Kingbright Electronic、アメリカCREEが大手。

チップの収益性は高くないけど、総需要の伸びで儲かる。MOCVD装置が儲かる。

・豊田合成 ノートPC向けLED素子でシェア60%
・第一精工 LED搭載PC用コネクターでシェア80%
・ディスコ LEDチップ向け切断装置

2009年の市場規模は8500億円で、これは2008年比で+28%と伸び率は高い。

2009100110.gif

2009100111.gif

200909161.gif

200909162.gif

ゲームプラン・投資戦略
AIXG LED MOCVD VECO エピウエハー



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch