2009/08/31 11:11

アップル型のゲームソフト開発でモバイル・インターネットを征する

ゲームソフトには任天堂型とアップル型がある。任天堂型は今までの主流で、決められた人だけがゲームを開発し、ある程度の質を満たした作品だけが販売される。こういう任天堂型のゲーム開発とは違い、アップル型のゲーム開発は誰でもする事ができ、自由度が高く、質の幅は広い。

iPhoneでダウンロードできるゲームソフトを開発するには、少しのお金を払って登録しさえすればいい。個人でもいいんです。自分で作ったゲームが売れれば、(比率は忘れたけれど)アップルと利益を分け合う。既に、がっぽりと儲けた個人ゲーム開発者も沢山出ている。

この状況だと、アップル型のゲームソフトの質はピンキリになる。そりゃそうですよねえ。それに大作は出づらい。莫大な開発費用をかけて作られるRPGみたいなものは作られにくいから。

逆に言えば、新発想でシンプルで低価格で面白いゲームソフトが作られる可能性は高い。スマートフォンでするゲームは短時間で繰り返しできて分かりやすい方がいいに決まってる。ヒットしているiPhoneゲームはそういう類の物で、ひとたび人気になれば噂は一気に広まってダウンロード数は急上昇する。

アップルはゲーム開発のプラットフォームと、ゲームプレイの端末であるiPhoneと、ゲームを売るネット上の店を用意すればいい。あとは好き勝手にゲームを開発してもらう。

これは新しい流れでもなんでもなくて、PCではWindowsというプラットフォームがあって 誰でも好きにソフト開発できる。個人でもシェアウェアという形で参加できる。

モバイル・インターネットのゲームでは特にアップル型のソフト開発が重要になると思う。それはモバイル・インターネットの使い方を考えると分かりやすい。先にも書いたように、シンプルで低価格で短時間ででき、次々と消費できるゲームソフトがモバイル・インターネットにはぴったりのはず。

だからこそ、DeNAもゲーム開発プラットフォームを開放する方向に動いたわけです。

「モバゲータウン」、ゲームのオープン化について

携帯ゲーム開発のAPIをオープンにし、プラットフォームを提供することで利益を得ていく方向。多分、アップルの成功を見て、自社だけでゲーム開発していくことの限界を感じたのではないですか?

同様に、ミクシィもソフト開発のプラットフォームをオープンにする。

ソーシャルアプリケーション「mixiアプリ」提供開始

ミクシィのSNSはPCベースのような気もするけれど、モバイル・インターネットに比重が移っていくだろうし、そうでなくても自社開発だけでは限界が見えるでしょ。

これからのモバイル・インターネットの流れの中で、ネットベースのプラットフォーム上手に提供した会社が勝ち残るのではないかと。その急先鋒はアップル。他にもいろいろある。儲かる株もいろいろあるんじゃないですか。

ゲームプラン・投資戦略
appl アップル ゲーム ディー・エヌ・エー ミクシィ モバイル・インターネット



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch