2008/12/27 09:09

ビックカメラ、過年度決算を修正だが、インパクトは小さく、買い

ビックカメラが過年度決算を訂正。

過年度決算の訂正について

不動産屋じゃないけど不動産がらみで問題が発覚。2002年に流動化した所有不動産の会計処理が不適切だったというもの。いつもの通りプレスリリースでは何も分からないので、日経新聞を確認。

2008/12/26, 日本経済新聞 朝刊

ビックカメラ、過去の決算訂正、SPCへの不動産売却「白紙」、会計処理を見直し。

 ビックカメラは二十五日、二〇〇二年八月期―〇八年八月期決算を訂正することを決めたと発表した。〇二年八月に実施した不動産流動化で池袋本店などの不動産を貸借対照表から外していたが、この会計処理を取り消して貸借対照表の資産に計上する。同社は現在、証券取引等監視委員会から調査を受けている。

 ビックカメラは本店ビルなどを二百九十億円でSPC(特別目的会社)へ売り二十億円の利益を計上。SPCへの出資は不動産時価の五%弱で、会計ルールでは出資比率が五%を超えなければ売却と認められる。

 SPCには豊島企画(東京・渋谷)も二五%を出資。同社はビックカメラから出資を受けていないが、新井隆二会長名義の株を担保に資金を借り入れるなど、親密な関係にあった。

 決算訂正で、ビックカメラは実質支配していた豊島企画を子会社とする。SPCへの出資比率は五%を超え売却は認められない。「最近のSPCに関する会計処理厳格化の流れを再検討し、保守的に見直すことにした」(同社)という。

 証券取引等監視委員会は二十五日、ビックカメラが不適切な会計処理を行い、その決算に基づき公募増資をしたことが金融商品取引法に違反すると判断し、同社と同社会長に課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告する方向で検討に入った。

このニュースでとりあえず翌日の株価はストップ安比例配分。ずいぶん売り物が残っているので週明けもストップ安しそうな気配ですな。

で、これは儲けのチャンスではないのか?こういう博打的な儲けはお遊びの範囲であって決して投資の中心ではないわけだけど、今回はちょっとお遊びしてみるのが良いのではないか?

まず、どれだけの業績インパクトがあるのかを考えなければなりますまい。会計のプロでは無いので、過去のPL、BSをどう修正するのか、分かりようもないが、それでも分かる範囲で考え結論を出す必要がある。間違いを覚悟で考えるわけですよ。

不動産売却高の290億は2002年の売上から引かれる。2002年の売上は1920億なので、売上の15%と大きい。その前年2001年の売上が1440億なので、2001年から2002年の売上伸び率33%が13%に低下する。

売却益の20億円は2002年のPLではどうやら経常利益に計上されている雰囲気。42億の経常利益が22億に下方修正される。利益半減ですな。こりゃひどい。2001年の経常利益は14億なので、それでも大幅増益には違いないが。

BSには売却不動産270億が固定資産として計上され、借入金が290億増える。当時の総資産額が990億、純資産額が87億、自己資本比率が9%。それが修正によって、総資産額1260億、純資産額87億、自己資本比率7%となる。

これ以降の年度に関しては、払ってきた賃貸料が支払利息に振り替えられるのだろうか。子会社化される豊島企画の業績が追加される。BSは不動産の分だけ肥大化して、前期のBSでは自己資本比率は26%から24%ぐらいに低下。

この不動産がどれぐらいの収益を上げているのかによるが、仮に収益ボロボロ赤字店舗なんかであれば減損の必要があるかもしれない。そうなれば純利はその分減る。

これぐらいは最低でも修正されるのだろう。他にもいろいろありましょう。全体として、それほどPL、BSにインパクトは無いんじゃないですか?増資が必要になったり、銀行からの借入ができなくなったり、そういうBSにはならない。PLにしても、大赤字に転落したり2003年以外の数字が大きく修正されることは無さそうですな。(減損除く)

証券取引等監視委員会は二十五日、ビックカメラが不適切な会計処理を行い、その決算に基づき公募増資をしたことが金融商品取引法に違反すると判断し、同社と同社会長に課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告する方向で検討に入った。

ということで、ヘタすると上場廃止基準に抵触したりしないか?東証の上場廃止基準はこうなっている。

有価証券報告書等に「虚偽記載」を行った場合で、その影響が重大であると当取引所が認めたとき

虚偽記載であり、重大であるから課徴金納付命令の勧告が出されようとしている。となれば、一応は上場廃止基準に該当する。該当すれば即上場廃止ではないので、東証がどう判断するかによる。まさか、これだけで上場廃止は無いだろうと個人的には考える。

監査法人はあずさ、主幹事は日興。株式の60%以上を創業者が保有。怪しい大株主はいない。有価証券報告書を見ても怪しさはない。

ずばり、買いですな。もちろん、短期トレーディングで。遊びの範囲の少ない資金で。

ちなみに、短期トレーディング銘柄というのは自分なりの基準がある。ボラティリティがあること。業績が良いこと、もしくは業績は悪くても良くなるんじゃないかと期待させるニュースが出たこと。割安であること。何か悪いニュースが出たりして売られていること。その売りの理由が単なる投資家のびっくりであること。ヘタこいて含み損になってもしばらくすれば株価回復する可能性が高いこと。ボロ株・仕手株ではないこと。そんなとこかな。

ゲームプラン・投資戦略
ビックカメラ 不動産 流動化 短期売買 虚偽記載



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch