2009/06/04 20:08

伊藤園、今期は増収増益、優先株の配当利回りは5.9%もある

伊藤園の決算発表。

平成21年4月期 決算短信

200906043.gif今期は増収増益の予想で、EPSは39円。普通株の配当が38円で優先株の配当が48円。普通株の配当利回りが3%、優先株の配当利回りが5.9%。

伊藤園が5.9%ですよ。普通株と優先株の違いは当然ありましょう。でもね、普通の個人投資家にとって、普通株でも優先株でも変わらない。まさか個人投資家でどうしても議決権を行使したいとか、ないんじゃないですか?万が一、伊藤園が倒産したときの扱いがどうだとか、そんな事も言わないでしょ。

普通株と優先株の値動きは確かに全く同じでじゃない。短期的には片方がアウトパフォームする事もありましょう。でも基本的には同じ。優先株が上場されてからの値動きを比較すればはっきりしていますね。

じゃあ、利回り2.9%もの差を捨てる意味がない。つまり、普通の個人投資家が伊藤園を買おうと思うならば、優先株を買うべきだって事です。

200906042.gifこういう株が景気敏感株のようにビュンビュン値を飛ばすことはない。景気回復がちらついて、一気阿世に50%も駆け上げる株がある中で、伊藤園はどうしてもおいて行かれる。

でもね、今の相場がどこまで続くかと言えば、それほどどこまでもは続かない。

次の局面で持つべきは伊藤園みたいな銘柄だと思うんです。次の局面というのは、値を飛ばした銘柄がぐらぐらっと落ちるとき。遠からず来る。

少なくとも、そういう次の局面に備えて、利がたっぷり乗った銘柄は利食いを入れ、少しずつ伊藤園のようなディフェンシブに乗り換えておくのが良いと思う。そうじゃなくても、利食いした現金を伊藤園なんかに投入できる体制を作っておくべきですな。

個人的には今まさにそういうローテーションの過程にありますよ。

食品・飲料・日用品
ディフェンシブ 伊藤園 優先株 配当 食料品 飲料 高利回り



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch