2009/04/12 22:10

伊藤園の3月月次は醜悪、それでも高配当と利益増の期待で我慢

伊藤園の3月月次数字。

平成21年4月期3月度販売状況(単独・速報値)のお知らせ

2009041205.gif売上は-4.6%。ドリンクの内訳では、ミネラルウォーター以外は全滅。酷い状況ですな。ダイドードリンコも負けず劣らず酷い状況なわけですけれど、それでも四季報やQuickコンセンサスの数字のように、今期の利益は回復するとかんがえているわけ。なんども書くけど、原材料費の下落と広告宣伝・販促費のコントロール。

伊藤園は優先株があって、優先株は高配当なのでなんとかなるとも言える。

そういう業績見込みと高配当と今の株価水準と、全部合わせてとりあえずはオッケーかと。いろんなネガティブと合わせて考えても、いまの株式相場で持っておくには悪くない。

食品・飲料・日用品
ダイドードリンコ 伊藤園 配当 飲料 高利回り



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch