2008/10/08 23:11

来春に清涼飲料が値上げ、儲かるのは。。。

いよいよ清涼飲料が値上げです。11年ぶりの値上げで、値上げ幅は10円の予定。とりあえずは第2位のサントリーが値上げを決めたわけだが、他社も追随するのは間違いないですな。コカコーラ、伊藤園、ダイドードリンコ、この3つです。未上場の企業は投資家には関係なし。

食品が値上げされると、とりあえずは売れなくなる。ラーメンもそうだしパンもそうだし、なんだって同じ。けれど、そういうベーシックな商品はジワジワと需要が戻ってくるのが世の常。消費者は値上げは嫌なので取りあえず買わなくなるけど、そのうちラーメン食べたいなって買わざるを得ない。

缶飲料も同じで、とりあえずは販売数量が減るはず。が、値上げでカバーして売上ではほとんど影響ないんじゃないか。利益は横這いから、いずれ上昇に転じる。ラーメンの日清食品や東洋水産と同じ流れでしょう。

特に、ヘビーユーザーが多いコーヒーは一番影響が少ないと想定。コーヒーが売上のほとんどであるダイドードリンコが値上げの恩恵を一番受けるのではないか?売上のほとんどが自販機というビジネスモデルも値上げに優しい。

今日株価が飛んだのはダイドーと伊藤園。コーラは無反応、というより下落。缶飲料の製造受託をしているジャパンフーズやゴールドパックもダメ。製造受託はダメでしょうな。コーラは?

値上げは来春なので今期の業績には影響がないんです。来期ですね。株価は先々を織り込んでいくものですよ。

食品・飲料・日用品
コカコーラ ダイドードリンコ 伊藤園 清涼飲料



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch