2009/01/20 23:11

プロパスト、担保の社長株式が売られ、持株比率は6%まで低下

プロパスト森俊一社長の担保に入っている持ち株がさらに売られた。

主要株主である筆頭株主の異動に関するお知らせ

当社の筆頭株主である当社代表取締役社長森俊一が金融機関から個人として融資を受けるにあたり、当社株式を担保提供しておりましたが、当該金融機関において担保権の実行により当社株式が売却されました。

森社長の持ち株比率は6%まで低下。ついこの前までは37%も持っていたのだから恐ろしい。

担保処分は既に始まっていたわけだが、そんな事実が知れれば株はさらに売られる。さらに売られれば担保価値はますます下がる。下がるから売る、売らなきゃいけないから下がる、下がるから売るの悪循環ですな。

プロパストは倒産材料がてんこ盛り。一体どこまで行くんでしょうか。

クサイ会社・エグイ企業
プロパスト マンション マンデベ 不動産 倒産 流動化



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch