2008/09/21 16:04

どうでもいいけどビービーネットの決算

もうこんな会社の事を書いている時間さえもったいないんだけど、書いておかねばなりますまい。ビービーネットでございます。

平成20年 7月期 決算短信

2008年7月期は赤字、2009年7月期の計画ももちろん赤字。ズバリ、ワタクシの予想では、今期は債務超過に陥る!と予言しておきたい。まあ、訳の分からない新株予約券とか第三者割り当てとかでぐちゃぐちゃになりながら生き延びていきそうではある。

さて、事業の方は、「青果卸売り事業」が一番大きくなっている。もともとシステム販売の会社だったのが、いつの間にやら八百屋さんですよ。

夏場の猛暑とそれ以降の安定した好天気により農作物は全般的に順調に成育し、出荷も量的に潤沢な前進出荷が続いた結果、相場は低迷し軟調に推移しました。

なんて、まさに八百屋さん。

思い出して欲しい、もともとのビジネスを。今さら繰り返しになるけど、もういっぺん。

ビービーネットはある会社に資本参加する。通常は株の取得って事。で、その資本参加した会社に自分のところのシステムを買わせる。ビービーネットは増資する。その増資で得たお金をまたある会社の資本参加に使う。システムを買わせる。。。。。どんどん続ける。

なんか最初は錬金術のような夢のビジネスに思えるけど、ちょっと考えればおかしいことに気がつく。結局、自分のシステムを自分で買ってる、しかも増資で得たお金を使って。

今手元に残ったのは、投資有価証券69億。ほぼ無価値と考えて間違いないでしょう。これを特損で少しずつ落としていくのですか?

決算短信にはすごいことが書いてあります。

金融機関に対する借入金返済については、現在、債務不履行の状態にあるものが存在いたします。当該事象を解消すべく鋭意交渉を進めているところではありますが、万一、交渉が決裂するようなことがありますと、期限の利益喪失により、残債務の一括返済を求められる可能性があります。

債務不履行なんです。もちろん、継続企業の前提に関する重要な疑義が生じております。

監査法人はアスカ、主幹事はHSでございます。

クサイ会社・エグイ企業
アスカ ビービーネット



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch