カテゴリー: クサイ会社・エグイ企業

2009/10/01 14:02

オートウェーブ、倒産の可能性を明言して162%の新株発行増資

~ 潔く倒産の可能性に言及しての増資、これで投資家は安心するのかアホらしくなるのか。 ~

オートウェーブが第三者割当で新株発行増資。

第三者割当による新株式及び新株予約権の発行に関するお知らせ

新株の発行価額は100円。直近の終値が560円ですからね、強烈なディスカウントですな。有利発行という言葉では足りない程の激安叩き売り価格。新株予約権も同じようなもの。発行株数は750万株で発行済株式数の135%。新株予約権が行使されると150万株増加で108%。合わせれば162%。うひょ。

ここまで既存株主を犠牲にしてまで資金調達をしなければいけないのは、ずばり倒産しそうだから。

会社側の説明は明確で好感が持てますけど、そんなところに好感が持てても屁のつっぱりにもなりますまい。せっかくなので長いけど引用。

不採算店舗の閉鎖等の効果は、平成21 年3 月期では未だ十分に発現せず経常利益の黒字化には至っておらず、平成19 年3月期から3 期連続で経常損失、当期純損失を計上し、営業活動によるキャッシュ・フローもマイナスとなりました。また、上記「債権者間協定書」に含まれる「経営改善計画」における粗利額が、計画比大幅な未達となり、平成21 年3 月期下期の経常損失が402 百万円になり、計画から大幅な乖離が生じているため、「債権者協定書」に定められた「協定からの離脱」に抵触し、協定金融機関が離脱する可能性があり、金融機関から新たな資金支援が得られるか不透明な状況となりました。

当該状況により、平成21 年3 月期決算短信における「継続企業の前提に関する注記」に は「現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められます」と表記することになりました。このため、取引先様より当社事業の継続性に対する不安が寄せられ、取引先から商品代金の支払日の前倒しや、保証金の差し入れを求められるなど、取引条件の変更を求められています。こうしたことからキャッシュ・フローの悪化を招くとともに、仕入数量の減少を余儀なくされたことで、仕入割戻が減少し、仕入単価が上昇するなど、粗利額の改善が遅れ、売上達成と経費改善は進んでいるものの、結果として計画通り経常利益が生み出せず、資金繰りが圧迫されております。

このような状況のもと、当社は本年10 月に資金ショートを起こす見込となり、会社存続の危機に陥っております。そのため、会社存続のために必要な事業資金を確保することが急務なものと判断し、第三者割当の方法により、新株式の発行を行うことにいたしました。本件第三者割当増資による新株式発行により調達した資金については、下記①から③の通り資金ショートへの対処および、平成22 年3 月期下期の経営基盤を安定させるため、緊急性の高い使途に充当する予定であります。

当社は、今回の第三者割当増資による新株発行が不調に終わると、本年10 月に資金ショートを起こし、倒産する可能性があります。

ズバリ、「倒産する可能性があります。」とは潔いではないですか。そういう状況だから100円での新株発行で資金調達する。

こんな状況は今突然明らかになったわけでもなく、既に分かっていたことではある。それでも株価は560円もしているのが恐ろしい。

カー用品ではイエローハットやG-7、アイエーなどが次々と良い決算を出してきている。それを見た個人投資家は連想でオートウェーブもいけるんじゃないか?と考えたのかもしれない。

ま、倒産は覚悟。上場廃止も覚悟。短期得意な人は高ボラの値幅を取るんでしょう。

クサイ会社・エグイ企業
オートウェーブ 上場廃止 倒産 増資 第三者割当



2009/09/15 22:10

アルデプロ、決算発表を延期、倒産や上場廃止になっても驚かない

~ 過年度決算修正で債務超過は確実、倒産する不動産屋のパターンにぴったりはまっている。 ~

アルデプロが決算発表を延期。

平成21 年7 月期決算短信発表予定日の延期に関するお知らせ

決算発表できないのは決算がしめられないため。なぜなら、

当社の過去の営業取引について、会計処理の修正を有する可能性のある事象が発覚し、現在、調査委員会の調査が進んでおりますが、現時点では結論に至っておりません。

このため、過年度の決算を修正する可能性があるため、平成21 年7 月期の決算の確定が 遅れているものであります。

この過去の決算でインチキしましたというのは6月に発表されているやつですな。インチキの程度がそれほどでもなく影響が小さいのであれば、修正も簡単だろうから決算も普通に出てくるのではないかと。修正されて債務超過に陥るのは確実でしょうな。だって、第3四半期決算時点で自己資本比率は1.8%なわけですから。

ところで別件ですが、秋元竜弥社長の持株は処分されている。数年前から不動産屋の倒産が相次いでいるわけですけど、1つのパターンとしては、社長の持株が処分されたら危ない。特に、社長が個人的な借金をするにあたって持株を担保に入れていて、その担保価値が下がったがために銀行が担保処分で売るというパターン。

これは誰が初めだった記憶が曖昧だけれど、アーバンコーポレーションの房園社長でしたかね?膨大な担保が処分されて株価は暴落。もっとも暴落したときにはそんな情報は出てなくて、後になって暴落したのは担保処分売りでした、っていう発表があるという、酷い状況。うわぅ、これは今後気を付けないとなあ、と思ったものです。

パシフィックの、えーと、社長の名前ナンだったかな、高須(?だったかな?)社長も同じだったし、フージャースの廣岡社長もそう。フージャースは倒産していないけど。他にもあったと記憶している。

で、アルデプロも同じパターン。これ以外にも不動産屋倒産パターンにぴったりと合致する事が多々ある。下に列挙する、今年に入ってからのプレスリリース一覧でも眺めればよく分かるのではないかと。

まあ、倒産や上場廃止は当然起こるべく結果として覚悟しておいて損はないでしょうねえ。今さら騒ぐまでもないけどね。。。

とりあえず、今年に入ってからのアルデプロからのプレスリリース一覧。タイトル見るだけで倒産の香りがプンプン。。。。

2009.09.14 平成21年7月期決算短信発表予定日の延期に関するお知らせ
2009.08.21 当社第2回無担保転換社債型新株予約権付社債の償還義務の履行の猶予の合意に関するお知らせ
2009.07.30 会計監査人の異動および一時会計監査人の選任に関するお知らせ
2009.07.23 当社代表取締役の株券大量保有状況の変更に関するお知らせ(経過報告)
2009.07.17 臨時株主総会の中止に関するお知らせ
2009.07.17 人事異動に関するお知らせ
2009.07.17 当社代表取締役の株券大量保有状況の変更に関するお知らせ
2009.06.16 過去の業績に影響を与える事象の発生および調査委員会の設置に関するお知らせ
2009.06.15 第22期 第3四半期報告書を掲載しました
2009.06.12 平成21年7月期 第3四半期決算短信を掲載しました
2009.06.12 特別損失の計上に関するお知らせ
2009.06.10 臨時株主総会招集のための基準日設定に関するお知らせ
2009.05.29 臨時株主総会の中止に関するお知らせ
2009.05.19 組織変更および人事異動ならびに取締役報酬の減額に関するお知らせ
2009.04.21 第三者割当による新株式発行の中止ならびに「第三者割当により発行される株式の募集ならびに支配株主および主要株主の異動に関するお知らせ」の一部訂正について
2009.03.17 第22期 第2四半期報告書を掲載しました
2009.03.12 平成21年7月期 第2四半期決算短信を掲載しました
2009.03.12 臨時株主総会招集のための基準日設定に関するお知らせ
2009.03.12 第三者割当により発行される株式の募集ならびに支配株主および主要株主の異動に関するお知らせ
2009.03.12 平成21年7月期第2四半期および通期連結業績予想の修正に関するお知らせ 2009.03.12 平成22年7月期経営計画の策定に関するお知らせ
2009.01.23 平成21年7月期配当予想の修正に関するお知らせ
2009.01.16 福岡支店の閉鎖に関するお知らせ

クサイ会社・エグイ企業
アルデプロ 上場廃止 不動産 倒産 債務超過 流動化

2009/07/27 17:05

ウィングパートナーズが監査をしていた企業は上場廃止もあり得る

~ 赤坂・吉野ペアに頼めなくなった企業は、一体誰に頼めばいいんでしょうか? ~

ウィングパートナーズと赤坂・吉野ペアが行政処分を受けて業務停止になった話のその後。

担当していた13社の監査は当然辞めた。そりゃ当たり前。13社の中で新しい監査人が決まったのは今現在のところ1社だけ。日経の記事にもあるように、有報を出すことができなくて上場廃止に陥る企業も出てくるんじゃないですか?

え?新しい監査人を探せばいいだけだって?そうなんですけどね、ウィングパートナーズに負けないぐらい強力な監査人を探さないとといけないわけで。。。

ウィングパートナーズが会計監査を担当していた13社。

リンク・ワン、NowLoading、インスパイアー、総和地所、ゼンテック、オープンインタフェース、ECI、デザインエクスチェンジ、NFKホールディングス、ゼクス、ランド、クロニクル、サハダイヤモンド

うわああ、スゴイ名前ばかりですな。

2009/07/23, 日本経済新聞 朝刊

ウィングパートナーズ、担当13社の監査人辞任、後任の決定、まだ1社。

 監査法人ウィングパートナーズが、担当する全上場企業13社の会計監査人を21日までに辞任した。同監査法人は適正と監査証明したゼンテック・テクノロジー・ジャパンの財務諸表で重大な虚偽が見つかり、金融庁から8月14日まで1カ月の業務停止処分を受けた。後任の一時会計監査人を選任したのはNFKホールディングスだけで残る12社は決まっていない。

 東京証券取引所やジャスダックは会計監査人の不在が理由で上場廃止にはしない。だが、有価証券報告書や四半期報告書を出すには監査やレビューが必要だ。金融商品取引法の定めた期限を過ぎてから原則、1カ月たっても報告書を出せないと上場廃止になる。8月中旬に四半期報告書の提出を控える企業は早急に後任の会計監査人を選ぶ必要がある。  ウィングパートナーズの代表社員の赤坂満秋会計士は「処分を受けたため会計監査人を辞任した。ほかの監査法人を紹介するなどできる限りのことはしたい」と話している。

クサイ会社・エグイ企業
ウィングパートナーズ 上場廃止 監査法人

2009/07/16 17:05

総和地所、倒産しそうな不動産屋ナンバーワン、監査は大丈夫か

~ 業務停止になった監査法人ウィングパートナーズが辞任、さて次はどこに頼みますか? ~

総和地所の第1四半期。

平成22年2月期 第1四半期決算短信(非連結)

プロパストと並んで倒産しそうな不動産屋の最右翼。それにしても倒産しませんな。いつ倒産してもおかしくないのはこれまで通り。

監査法人はウィングパートナーズ。ウィングパートナーズは業務停止を食らったので、監査が受けられないというリリースが出ている。

苦しいねえ。ウィングパートナーズに辞められたら、一体どこに頼めばいいのか。A&Aパートナーズとか創研合同とか、その辺りですか?

クサイ会社・エグイ企業
ウィングパートナーズ マンション マンデベ 不動産 倒産 債務超過 総和地所

2009/07/16 17:05

プロパスト、倒産しそうな不動産屋の最右翼、持ちこたえている

~ いつ逝ってしまっても納得な状況は続く、短期売買のオモチャで今日はストップ高。 ~

プロパストの決算発表。

平成21年5月期 決算短信

不動産屋の中で倒産予備軍最右翼とも言えるプロパストですけど、まだ倒産しませんな。しかしながら、いつ逝ってしまっても当然なのは変わらない。

とりあえず、相場全体が強いためか、それとも倒産しないからか、今期予想が黒字だからか、本日の株価は高い。ストップ高。

まさか業績回復で株価が上がるとは誰も思っていない。短期売買でもてあそぶオモチャですよ。監査法人は明誠。

クサイ会社・エグイ企業
プロパスト マンション マンデベ 不動産 倒産 流動化

2009/07/12 09:09

ウィングパートナーズ、赤坂・吉野ペア、金融庁から処分食らう

~ 君子危うきに近寄らず、短期売買以外でウィングパートナーズ監査企業は無視してOK。 ~

ウィングパートナーズに金融庁から業務停止命令が出た。

監査法人及び公認会計士の処分等について

株式会社ペイントハウス(以下「ペイントハウス」といいます。)が作成した財務書類について、証券取引法に基づく監査証明を行った公認会計士に対して、並びに、株式会社ゼンテック・テクノロジー・ジャパン(以下「ゼンテック」といいます。)が作成した財務書類について、金融商品取引法に基づく監査証明を行った監査法人ウィングパートナーズ及び監査法人の業務を執行する社員(以下「業務執行社員」といいます。)として監査証明を行った公認会計士に対し、本日、下記の処分を行いました。

監査法人ウィングパートナーズについては、ゼンテックの平成20年3月期の財務書類に係る監査において、同監査法人の業務執行社員が、相当の注意を怠り、重大な虚偽又は脱漏のある財務書類を重大な虚偽及び脱漏のないものとして証明した。

ウィングパートナーズの1ヶ月の業務停止。エグイね。エグイって、金融庁の処分がエグイんじゃなくて、ウィングパートナーズのやってることがね。まあ、ウィングパートナーズが監査している企業の一覧を眺めれば、ため息しか出ないですな。

200907129.gifウィングパートナーズに監査を頼んでいる企業には何かと面倒も出てきそう。報告書が出せないとかあるかもね。右のリストは最新の四季報の情報。監査法人の変更をする企業があるので、必ずしも正確ではない。

それから、公認会計士の処分。処分対象者。

公認会計士 赤坂 満秋(登録番号: 第8922号 住所:東京都世田谷区)
公認会計士 吉野 直樹(登録番号:第10355号 住所:神奈川県横浜市)
公認会計士 森下 賢二(登録番号:第19013号 住所:東京都世田谷区)

赤坂満秋とか吉野直樹とか、あっちこっちでよく出てきますな。俗に言う、赤坂吉野ペアですか。この2人は業務停止が1年以上。。。。資格剥奪ととかってできないんですか?こういう風に処分された人はググって見るとヒジョーに奥が深い。読み出したら止まらなくなって、時間がどんどん過ぎる。無駄な時間なので、ダメって事だけ理解すれば良いでしょう。

処分理由。

赤坂会計士と吉野会計士は、ペイントハウスの平成17年8月期の財務書類に係る監査において、相当の注意を怠り、重大な虚偽のある財務書類を重大な虚偽のないものとして証明した。

赤坂会計士と森下会計士は、ゼンテックの平成20年3月期の財務書類に係る監査において、相当の注意を怠り、重大な虚偽のある財務書類を重大な虚偽のないものとして証明した。

事案の概要はこんな感じ。

(1)ペイントハウス案件

ペイントハウスは、平成17年10月21日に社債管理会社との間で和解契約を締結したことにより、約117億円の債務免除が行われたが、当該債務免除益約117億円を、平成17年8月期に計上した重大な虚偽のある財務書類を作成していた。

赤坂、吉野両会計士は、債務免除の実現時期について、ペイントハウスの主張や法律専門家の意見書を入手したことなどから、社債権者及びペイントハウスの意思は8月末に債務を免除することにあると考え、平成17年8月末時点で債務免除は行われており、債務免除益を平成17年8月期に計上できる旨の判断を行った。

しかしながら、赤坂、吉野両公認会計士は社債権者の意思が8月末に債務免除をすることにあることを証明するために十分な監査証拠は収集していなかった。また、平成17年8月末に債務免除益を計上できるとの結論について複数の否定的な見解を入手していた。このため、債務免除益の実現時点について、更に別の法律専門家の意見を聴くなど、追加的な検討が必要であったところ、当該検討を怠り、債務免除益が平成17年8月末に計上できるとの誤った判断を行った。

(2)ゼンテック案件

ゼンテックは、①実態のない事業譲渡に基づくのれんの計上、②架空売上の計上、③売上の繰上計上、④債権譲渡契約の偽装による貸倒引当金計上の回避の方法により、重大な虚偽のある財務書類を作成していた。

森下会計士は、①について、実質的な事業譲渡が行われたと判断してのれんの計上を認めていたが、事業譲渡契約が締結されないまま相手方が営業を続けている状態で、ゼンテックの子会社の事業の実態の観察や事業譲渡契約の交渉状況の確認等を十分行わないまま、のれんの計上を認めていた。

また、②及び④について、取得した商品リストにない商品の売上や、ゼンテックの説明と契約書の記載内容の相違といった、入手した監査証拠間の矛盾について追加的な確認手続を行なっていなかった。

赤坂会計士は、総括的な立場でゼンテックの監査に関与していたが、監査調書の査閲等を十分行わなかったことから、森下会計士が上記の事項について十分な監査手続を行わなかったことを看過した。

クサイ会社・エグイ企業
ウィングパートナーズ 監査法人 行政処分

2009/06/04 20:08

ゴンゾ、倒産同然の決算発表、上場廃止は会社が認めているようだ

~ 会社が上場廃止になると言うのだから間違いないのでは?それでも株価2千円もする。 ~

ゴンゾ(旧GDH)の決算発表。

平成21年3月期 決算短信

すさまじいBSですな。倒産しているも同然と言えましょう。債務超過で適正意見は付かない。

当連結会計年度末債務超過の状態であり、当該債務の返済資金の確保に困難が生じる可能性があります。更に、当社における全ての借入金の契約について、債務の一部でも履行を遅滞した時は期限の利益を失い、直ちに返済する旨の条項が付されており、当社は現在、銀行借入金の一部について返済期日を経過しており、当該条項に抵触しております。従って、継続企業の前提に関する重要な疑義が存在しております。

続けて、ゴンゾが自分自身で、もうすぐ上場廃止になりますよ、と言っている。

当社は2連結会計年度連続して債務超過であるため、東京証券取引所の上場廃止基準に抵触しており、上場廃止となる見込みであります。

これって、はっきりと「上場廃止となる見込みであります」だから、上場廃止って事ですよねえ?この文章に続いてこうある。

当社グループは当該状況を解消すべく、翌連結会計年度以降の利益回復を実現させる施策として、経営資源の集中、コスト削減、成長領域での事業推進、資本増強の推進に向けた取り組みを推進しております。

「当該状況を解消すべく」の「当該状況」が何なのか、はっきりしませんな。「上場廃止を回避すべく」という意味なのか、「借金返済を何とか待ってもらって倒産しないように」という事なのか。

まあ、どっちでもいいし、なんでもいい。

よくよく過去のプレスリリースを見ると、既に4月1日の発表で上場廃止になると主張してますな。

上場廃止基準の抵触に関するお知らせ

それでも株価は2000円もしているんだからね。面白い。

クサイ会社・エグイ企業
GDH ゴンゾ 上場廃止 倒産 債務超過

2009/05/31 22:10

アプレシオ、半期報告書遅延で管理ポスト、倒産や上場廃止に注意

~ セントレック銘柄やHS銘柄は無条件に対象外にしてOK、リスクが高すぎる。 ~

アプレシオが半期報告書を提出でず管理ポストへ。

平成21 年9月期第2四半期報告書の提出遅延及び当社株式の監理ポスト割当ての見込みに関するお知らせ

平成21 年5月15 日付「平成21 年9月期第2四半期報告書の提出遅延に関するお知らせ」でお知らせいたしましたとおり、今後1 年間の安定的な資金繰りの確保に関する疑義が生じておりますが、かかる疑義を解消させる事業計画の策定に時間を要しており、現在までに監査未了の状況のため、平成21 年9月期第2四半期報告書の提出遅延が見込まれるものであります。

監査しているのは優成。優成にもOKもらえないんですね。。。主幹事はHS。セントレック上場。これ以上何がありましょう。

債務超過で大赤字。株価は急速に上場廃止や倒産を織り込むかのように急落しています。そうなったとしても驚きませんな。

クサイ会社・エグイ企業
HS証券 アプレシオ セントレック 上場廃止 倒産 債務超過 優成 監査法人

2009/05/31 22:10

総和地所、有価証券報告書の提出遅延、倒産や上場廃止も覚悟

~ 有報提出が遅れる企業が倒産や上場廃止になる確率はとても高い、監査法人も注意。 ~

総和地所が有価証券報告書を提出できない。

有価証券報告書の提出遅延に関するお知らせ

有報の提出が遅れることは良くないこと。有報の提出が遅れる企業は倒産したり上場廃止になったりする確率が非常に高いのは歴史が示すとおりですな。

総和地所がいつ倒産しても上場廃止になっても驚かない。まさか驚く人はいないでしょうし、業績回復・株価回復を信じて株を買っている人もおりますまい。みなさん、何かの拍子に爆上げするかもしれないなあ、なんていう淡い期待を持った投機ですな。

監査法人はウィングパートナーズ。主幹事が三菱U。債務超過。時価総額は1億円も無い。上場廃止基準は3億円なので、もちろん抵触している。

クサイ会社・エグイ企業
ウィングパートナーズ マンション マンデベ 上場廃止 不動産 倒産 債務超過 総和地所

2009/03/15 22:10

ウィングパートナーズ、金融庁から業務停止命令を食らう

~ ウィングパートナーズに監査を任せている企業の一覧をよーく眺め、臭さを感じ取る。 ~

200903152.gif金融庁がウィングパートナーズに業務の停止を命じる。

監査法人の処分について

とにもかくにも、問題の多い監査法人ですな。とりあえず、ウィングパートナーズにお世話になっている会社の一覧でも眺る。見てくださいよ、この壮観な顔ぶれを。類は友を呼ぶってやつですか。

手出し無用と言うことを覚えておきましょう。

クサイ会社・エグイ企業
ウィングパートナーズ 業務停止 監査法人

2009/03/05 09:09

粉飾で倒産したプロデュース、詐欺売上の程度も酷いものです

~ 粉飾金額はちょっとやそっとの金額ではない、本当の売上の数倍にも水増ししていた。 ~

粉飾決算で上場廃止になり、その後倒産したプロデュース。粉飾決算の程度がどれほどかなんて、上場廃止になった段階で関係ないと言えばそれまで。

嘘の売上高は、58億(2006年)、97億(2007年)、163億(2008年)。本当の売上高は、58億(2006年)(だと思う。記事にははっきり書かれていない。)、32億(2007年)、36億(2008年)。こりゃ酷い。

そういう嘘で増資をしていたわけで、まさに詐欺ですな。

朝日新聞 2009年3月5日

新潟の工作機械メーカー、虚偽決算で40億円増資か

 新潟県長岡市の工作機械メーカー「プロデュース」(08年10月にジャスダック上場廃止)が有価証券報告書などにうその内容を記載し、虚偽決算に基づき増資した疑いが強まったとして、さいたま地検は、前社長(40)や監査を担当した公認会計士(39)ら数人と法人としての同社について、証券取引法(現・金融商品取引法)違反容疑で強制捜査する方針を決めた。証券取引等監視委員会と合同で長岡市の本社など関係先を家宅捜索し、容疑が固まり次第、逮捕するとみられる。

 捜査関係者によると、前社長らは、取引先と伝票上のやりとりだけで架空の商品売買を繰り返す「循環取引」と呼ばれる方法などで売り上げや利益を水増しし、有価証券報告書などにうその決算内容を記載して関東財務局(さいたま市)に提出。07年12月には虚偽の決算内容に基づき増資を行い、40億円を調達した疑いを持たれている。また、前社長は同月、保有する同社株を売却して利益を得た疑いもあるとされる。

 同社は報告書などで06年6月期の売上高を58億円、07年6月期は97億円、08年6月期は163億円と記載していたが、同社の民事再生手続き関連資料によると、実際は07年6月期は32億円、08年6月期は36億円だったとされる。

 会計士は東京都千代田区の監査法人の元代表者で、05年12月の上場時に決算監査を担当したほか、上場後も大半の決算期で会計監査を担当。虚偽の決算内容と知りながら監査報告書で適正意見の表明を続けていたとみられ、見返りに報酬を受け取っていた疑いもある。

 同社は92年に前社長が創業し、新興市場の主力株のひとつとされた。しかし、08年9月に同法違反容疑で監視委の家宅捜索などを受けた後、前社長は取締役に降格。信用低下から新規借り入れが困難となり、新潟地裁に民事再生手続きの開始を申し立てて決定を受けた。

クサイ会社・エグイ企業
プロデュース 上場廃止 倒産 粉飾決算

2009/02/19 10:10

ニューディールの架空増資と疑われる内容、倒産や上場廃止は覚悟

~ 夜遅くにプレスリリースを出す会社の行く先は墓場であることが非常に多いという法則がある。 ~

ニューディールのプレスリリース。

一部雑誌記事に関するお知らせ

結局、考え方次第で架空増資とも取れるし、正当増資(なんて言葉はない。なぜなら増資は全部正当であるべきだからね)とも取れるしって事ですか?

旧リキッドオーディオの時代も含め、このニューディールがまだ上場企業であるのは世の不思議ですけど、上場廃止か倒産はほぼ確実かと。そうならないでも、そういう前提で考えて損はありますまい。

株価は既に1円。監査法人はウィングパートナーズ。

ところで、今回のニューディールのプレスリリースが発表されたのは深夜23:12。世の中には「深夜に適時開示でプレスリリースを出す企業は上場廃止になったり倒産したりぐちゃぐちゃになったりして投資家に損をさせる可能性が高い法則」がありますよ。

自分で適当に作った法則だけど。

目安。

  • 19:00-20:00 要注意
  • 20:00-21:00 投資するならよく調べて
  • 21:00-22:00 きっと何かがある
  • 22:00-23:00 投資不適格
  • 23:00-06:00 臭くて臭くてたまらない

クサイ会社・エグイ企業
ウィングパートナーズ ニューディール 上場廃止 倒産 監査法人

2009/02/18 11:11

2009年3月期決算企業で第3四半期報告書の提出が遅れている企業

~ できる限りのマイナス思考を使って遠い目をして眺めていれば良い企業の一覧。 ~

2009年3月期決算の企業で第3四半期報告書の提出が遅れた企業。

とりあえずは上場廃止とか倒産とか、やばいことが起こるとか、株が下がって損するとか、できる限りのマイナス思考で対応しておけばオッケーですな。

2009/02/18, 日本経済新聞 朝刊

四半期報告書、16社が提出遅延。

 二〇〇九年三月期第三四半期報告書を法定期限の十六日までに提出できなかった全国上場企業は十三社だった。また、三社が〇九年六月期第二四半期報告書と〇九年九月期第一四半期報告書を遅延した。不適切な会計処理や会計監査人の交代、資金繰りの悪化で事業計画の見直しを迫られている企業が多い。

 三月三日までに提出しない場合、東証とジャスダックなど各取引所は監理銘柄に指定する。

 遅延を開示した企業は以下の通り。ジェイオーグループホールディングス、東邦グローバルアソシエイツ、西松建設、光ハイツ・ヴェラス、インスパイアー、リミックスポイント、ゼンテック・テクノロジー・ジャパン、ニューディール、ジャパン・デジタル・コンテンツ信託、春日電機、セイコーエプソン、ピクセラ、ジャルコ、大水、日本綜合地所、エスグラントコーポレーション。このうちリミックスと大水は十七日に提出した。

クサイ会社・エグイ企業
インスパイアー ジェイオーグループホールディングス ジャルコ ニューディール

2009/02/18 11:11

ウィングパートナーズに処分勧告、クサイ監査法人には注意

~ ウィングパートナーズに限らず、クサイ監査法人を使っている企業はスルーしておけばOK。 ~

200902181.gifウィングパートナーズがダメ出しされている。

監査法人ウィングパートナーズに対する検査結果に基づく勧告について

ま、しょうがないですな。

とりあえず投資家としてはウィングパートナーズが監査をしている企業の一覧を眺める。ピンと来ない人は少し調べるなりお勉強が必要になりましょう。

ウィングパートナーズに限らず、勧告を受けそうな監査法人は沢山ある。そういうのを使っている企業には注意が必要ですな。

良くあるパターン。業績が悪化する、会社がぐちゃぐちゃしてくる、監査法人を大手から臭いところへ変更する、上場廃止や倒産。というストーリー。最近この流れは不動産屋で結構ありますな。

ウィングパートナーズ関連銘柄については、業績とかビジネスモデルとか、そんなことは一切考えずにスルーしておけばいいんじゃないですか?なにもそんなところに手を出さなくても、他に株はいっぱいありますよ。

クサイ会社・エグイ企業
ウィングパートナーズ 監査法人

2009/02/17 14:02

小杉産業が倒産、負債総額98億円で破産手続開始、ようやくですな

~ アセットマネジャーズのかつての投資先、監査法人はKDA、株価は一桁、ファイアあのファイ? ~

200902174.gif小杉産業が倒産。負債総額98億円で破産手続開始。

破産手続開始決定のお知らせ

歴史あるアパレル会社、なんて言われることもあるけど、本当ですかね?エグイと思うけどね。

200902175.gif

大株主にファイが登場していますが、あのファイですか?

監査法人はKDA。KDAが監査している企業はこの通りですが、うーん、蒼々たる面々じゃないですか。。。

このリストを見て何とも思わない人は、リストにある企業を少しでも調べることをお勧めします。ババを掴まないためにね。

株価は既に一桁で倒産は十分織り込み済みですな。それでも1円までは下がりましょう。

クサイ会社がまた一つ株式マーケットから消えたのは良い事じゃないですか?

クサイ会社・エグイ企業
KDA アセット・ホールディングス アパレル 小杉産業 監査法人

2009/02/15 08:08

エスグランドコーポレーション、倒産や上場廃止を覚悟して損はない

~ 明誠監査法人、インヴァスト証券、名証セントレック、ユニマット、おまけでKY、これだけで十分。 ~

エスグラントコーポレーションの監査法人が辞任。

会計監査人の辞任に関するお知らせ

200902142.gif辞めたのは明誠監査法人。明誠が監査をしている企業はご覧の通り。この明誠がやーめたっていうんですからね、相当なものじゃないですか?

そういうこともあって四半期報告書を期限内に提出できず。

平成21年6月期第2四半期報告書提出遅延に関するお知らせ

主幹事はインヴァスト証券。ご存じ、旧KOBE証券ですな。名証セントレック上場。もうこれだけで臭いがプンプン。大株主にはユニマット系が顔を出している。

ところで、インヴァスト証券の第二位株主はKYエンタープライズという会社らしい。KYとは今流行りの空気読めないで、なんだか滑稽ですな。

既に時価総額は1億円以下。そこら辺のオヤジでも買収できますな。

上場廃止や倒産は覚悟しておいて損はないでしょう。

クサイ会社・エグイ企業
インヴァスト証券 エスグランドコーポレーション マンション マンデベ 不動産 明誠

 1  |  2  |  3  |  4  | All pages

patch