カテゴリー: 銀行・証券・ローン

2008/12/09 10:10

三菱UFJの新株発行価格決定、ここからは買いの方向で

~ マクロとアメリカの金融株の動きを見ながらそろそろ買いを準備していく局面。 ~

三菱UFJファイナンシャル・グループの新株発行増資の価格等が決定。

発行価格および売出価格等の決定について

今回の増資で約4000億円を調達。先月には優先株で3900億円増資したので、合計では7900億円。当初計画では1兆円の予定だったと思うが、株価下落でずいぶん目減りしましたな。それでも7900億円だからね、さすが日本一の銀行です。

発行価格は417円。業績とか資産価値とか安全性とか競争力とかなんだかんだの観点からこれが安いか高いかなんてちっとも分からない。まあそんなことより、金融危機、景気、世界経済、そういうマクロのでっかい流れの中で株式市場が底打ちするかどうか、そういう所で417円が安いか高いかってことじゃないですか?

200812081.jpg 株価的には2003年の底値にかなり近づいた。アメリカの金融株はとりあえず底打ちしたっぽい。シティ(C)とかバンカメ(BOA)、ゴールドマンサックス(GS)、ウェルズファーゴ(WFC)あたりの株価はきゅっと戻っていますな。そういう流れには付いていくと思いますよ。

100株単位で買いやすくなったし、そろりそろりと買っていく局面ではないですかね。

銀行・証券・ローン
三菱UFJファイナンシャル・グループ 増資 新株発行 銀行



2008/12/05 06:06

新生銀行の無料振込がまた改悪、一番良いのはMMF

~ 30万円のMMFで5回の無料振り込みを使えば利回りは5.5%と超高利回りになる。 ~

ネットバンキングで振込を済ませる人は多いと思うが、人気なのはやっぱり新生銀行ではなかろうか。何と言っても無料振込ができるからね。その新生銀行の無料振込だけど、これまで何度か改悪されてきましたね。今回も少しグレードダウン。

新生銀行の無料振り込み条件等

改悪の詳細は上リンク新生銀行のホームページ確認するとして、ポイントはただ一つ。どうやって多くの無料振込を獲得するか。今までであれば10回の無料振込を取るのは実は非常に簡単ででした。これからは10回の無料は面倒になるので、5回無料を狙うのが一番効率が良いのかと。

一番効率が良いのは(2)の条件で、

新生銀行所定の投資商品(投資信託、仕組預金、外貨預金など)の前月の月間平均残高

と言うものでしょうな。外貨預金や仕組預金はそれぞれデメリットがあって、無料振込5回ではそのデメリットが補えない。残るは投資信託で、具体的にはMMF。MMF以外の投信はダメですな。

5回無料振込を金額にすれば1250円ってとこですか?イーバンクの振込手数料が一回250円なので、それが5回で1250円という計算。

(イーバンク口座間の振込は無料なので、それはそれで使わないとね。)

MMFはほぼ100%元本割れしないので、30万ぐらいMMFで持っておいてもいいんじゃないですか。一応0.5%ぐらいの利回りで回っていますしね。

(過去2回だったかな、MMFが元本割れしたことがありますな。初めて元本割れしたのは確か三洋証券(だったと思う)が倒産したとき。2回目は2001年にエンロンが倒産したとき。これ以来MMFの運用ルールも改正されたので元本割れの可能性はさらに低くなった。ゼロじゃないですよ。個人的にはゼロで考えているけど。)

無料振込を何回使うかによりますけど、仮に毎月5回全部使ったとすれば、年間で15,000円。30万円に対する利回りは5%。MMFの元々の利回りと合わせれば5.5%。実に高利回りじゃありませんか。ちなみに、個人的には毎月5回ぐらいは使いますね。

無料振込を一月に使う回数ごとの利回り

  • 0回 0.5%
  • 1回 1.5%
  • 2回 2.5%
  • 3回 3.5%
  • 4回 4.5%
  • 5回 5.5%

最低でも1回使えば定期預金より高い利回り。皆さんこれを使わないなんて損ですよ。あまり宣伝すると無料振込を取る人がドンドン増えてまた改悪されるかな。

銀行・証券・ローン
ネットバンキング 新生銀行

2008/11/11 22:10

アサックス、減額、減配、優待改悪、へぼ発表を連発

~ 悪リリースばかりではあるが配当と優待の魅力は十分に高い。 ~

アサックスのプレスリリース。下方修正、減配、優待改悪、中間決算。悪いニュースばっかりじゃないですか、困ったもんだ。

平成21年3月期 業績予想の修正に関するお知らせ

ここまでサブプライムローンもんだから始まった金融危機をそれなりにうまくこなしてきたアサックスもいよいよ下方修正。減額幅は小さいのが救い。前期比でも増収増益を達成するのは褒めてあげたいですな。

サブプライムローン問題に端を発した金融危機の影響により、資金調達環境が変化したこと、及び地価下落の影響により新規貸付が減少し、当社の想定した営業貸付金残高を下回る公算が高くなりました。

資金調達環境の変化とは、具体的には、借入金利の上昇ですな。新規貸付の減少・営業貸付残高が想定以下とは、営業収益が予想以下って事ですな。ズバリ書いてよねえ。

業績未達になれば当然配当はカットされる運命にある。

剰余金の配当及び配当予想の修正に関するお知らせ

当初3300円の予定だった配当は3150円に減額。減額幅は業績下方修正幅と同じく小さいのがせめてもの救い。しかし3150円でも配当利回りは5%を越える。既に今期の業績は見えたので、配当についても考えるべきは来期になる。基本、横這いから多少減ぐらいで、配当についても同じと予想。そなれば5%は悪くないですね。

配当カットと同様に優待もカットされた。

株主優待制度の変更に関するお知らせ

変更に理由が気に入りませんなあ。

今般、公平な利益還元の観点から検討を重ねた結果、今回の変更に至りました。

ってねえ、そんなことは優待導入時に考えれば分かるんじゃないの。それを承知でついこの前優待を導入したところじゃないですか。そういう尤もそうな理由を付けるが、結局は業績が未達になったので、その分優待も減額って事でしょうが。

で、年間1万円だったクオカードが6千円に大きく減らされた。これまで優待利回りが15%もあったのに、減額後は9%まで低下。それでも9%はデカイが。

配当+優待の総合利回りは14%と超高利回り。来期の業績が最悪でも少し減額、希望として横這いなら、文句なしに買っておきたい利回りじゃないですか。

最後に短信。

平成21年3月期 第2四半期決算短信(非連結)

気をつける点は当然ありますな。

そもそも、こんな情勢の中で誰がアサックスに金を貸してくれているのかって事。この情報は本来、有価証券報告書に書かれるべきだが、書かれていない。なんで?

そしてその借入の金利の動向はどうなのかって事。下がってることはあり得ないが、どのぐらい上がり気味なのか。

不動産マーケットがボロボロの今、担保に取っている不動産が不良債券化しないのか。多分、担保価値を相当低く見積もって貸しているのだろう。それでも大丈夫かと不安は残りますな。

どうでもいいが社長はものすごくまじめな人物に見える。少なくとも悪人には見えない。関係ないが。。。

銀行・証券・ローン
アサックス 不動産 優待 配当 高利回り

2008/10/31 23:11

プロミスの上方修正、消費者金融は底を打ったか

~ サラ金銘柄としては、大手4社を追っかけ、底を打つタイミングを探りたい。 ~

プロミスの上方修正

業績予想の修正に関するお知らせ

いよいよ消費者金融の業績も底を打ったかもしれませんな。利息返還金は基本的に高原状態、ビジネスの縮小も行き着くところまで行き着いた感がなきにしもあらず。

プロミスは三井住友系になったのでその点では安心感がある。

武富士、アイフル、アコムとあわせて見ていきたいですねえ。

銀行・証券・ローン
アイフル アコム プロミス 武富士 消費者金融

2008/10/04 11:11

マネックスの月次数字

~ 株式市場に連動して右肩下がりの展開。 ~

マネックスの月次数字を確認。

平成20年9月 月次概況(速報)

口座数は微増ながらも、預かり資産は減少の一途。1年前から口座数は+8%の86万口座、預かり資産は-25%の1.6兆円。これは、休眠口座の増加、株価下落で資産減、そういう理由なんでしょうな。ちなみに、信用口座数は3万6千で、全口座の4.2%。ネット証券の中では低めの数字。

注文件数、約定件数、平均売買単価、信用取引残高、全部が減少。唯一横這いを維持しているのは投資信託の約定件数。

大きく増加しているのは貸株サービス口座数。皆さん、持ち株を預けて雀なの涙ほどの利息を稼いでいるんですな。もちろん、貸株サービスの残高は株価下落で下降の一途。

証券会社の株は、あまり買う機会がない。証券会社の株が上がるときは株式市場が調子いいときなので、何も証券会社の株じゃなくても他に魅力的な株はゴロゴロある。株式市場と100%連動する証券会社株、特にネット証券株、は投資としてはつまらないですなあ。

銀行・証券・ローン
マネックス

2008/09/23 18:06

新生銀行+ほのぼのレイク=赤字

~ 買収のプラスがあっても赤字で、サービス低下はやめてね。 ~

新生銀行がGEコンシューマー・ファイナンスの買収を完了。GEコンシューマーなんちゃらは、レイクという名前で消費者ローンをしているので、ほのぼのとお世話になっている人も多いのではないかと。

この買収が業績に与えるインパクトは、300億円の利益という。5800億も払って買収するだけのことはあるインパクトですなあ。

と同時に、新生銀行は下方修正の発表もしているわけだけど、通期では500億円の損失なんですね。つまり、ほのぼのレイクの300億があっても尚かつ赤字なわけで、今ある事業は大赤字。もちろんリーマン向け債権の引き当てもありましょう、サブプライムで被った損失もありましょう。しかし、赤字はいただけない。

私たちの心配事はただ一つ。無料振り込み回数がさらに減ったりしないよね?

銀行・証券・ローン
新生銀行 消費者ローン


patch