カテゴリー: 電気機器・精密機器

2009/01/17 22:10

エルモ社、業績は超強いが不景気相場でテーマもなく株価は厳しい

~ 割安さに突然投資家が気づいて、マーケットの状況が良ければ暴騰する事もありましょう。 ~

エルモ社の第3四半期決算。

平成21年2月期 第3四半期財務・業績の概況

中間決算の時に書画カメラのトップメーカーで業績がグングン伸びているのを見つけた。それっきりほったらかしだったわけだけれど、第3四半期の業績の数字も驚きの強さですな。

売上は+57%、営業利益+29%、経常利益+12%、純利益+18%。通期は利益は約+30%を計画と超強気。

主な需要先は教育現場らしいのだが、そんなに売れる物なのだろうか?日本でもアメリカでも売れ行きが良いのがセグメント情報から分かる。

相場全体がいけいけどんどんの時はこういう株はバカみたいな高値が付くことがある。今みたいな相場では何とも難しいですな。投資家からすれば、書画カメラって、この不景気になんの事やらって事ですよ。

200901172.gif業績が良くてもそこのテーマが全然ない。割安でも小型企業で目が向けられない。出来高が少なくて、万が一の時に売れない。

相場低迷時にはそういう流れの考え方で株価は上がらないことは多い。

結局、密かに持っていれば突然上がったときに儲かる程度ですな、残念ながら。それにしても業績好調で安い。

電気機器・精密機器
エルモ社 書画カメラ

2008/12/05 06:06

不二電機工業、現金価値以下の株価が付けられている

~ 堅実な黒字と配当を出し続け、それでもグラハム先生真っ青の現金修正PBR1倍以下。 ~

不二電機工業の第3四半期決算。

平成21年1月期 第3四半期財務・業績の概況(非連結)

何が気になるって、PBRの低さですな。株価は640円で現金修正BPSが840円。現金修正PBRは0.76倍。株主資本比率は92%。

今期の業績は増収増益で黒字。過去10年間赤字は一度もないし、ぎりぎり黒字ということもない。業績数字の上下はあるにせよ、堅実に黒字を出し続けている。配当もきっちり払われている。

残念ながら配当利回りがそれほど高くない。25円の配当で利回りは3.9%。低くはないが高くもない。というか、3.9%は金利水準から考えれば高いと呼んでもいいんだけど、今の相場では高くないですよねえ。この25円配でも配当性向は50%なので文句は言えませんけど。

こんな会社が現金価値以下の時価総額を付けられているのは異常ですな。個人的には配当がもし5%以上あれば即買いしますよ。株価で言えば500円。ベンジャミン・グラハム的には黙って買いですけどね。

電気機器・精密機器
PBR グラハム ネットネット 不二電機工業

2008/11/08 21:09

アンリツの資料より、携帯方式のこれからはLTE

~ 世界的に携帯の次世代方式はLTEにあるようで、気にとめておいて損はない。 ~

アンリツの中間決算説明資料より。携帯の今後について。

200811089.jpg なるほどねえ、携帯方式はLTEで統一されるわけですなあ。2010年頃から集約が始まるとあるが、こういうのは予想より伸び伸びになるのが常でしょう。当然、方式が変更になればそれなりの設備投資があるわけで、そういう関連企業には恩恵がある。規模が分からんが、気にしておく必要はありましょう。

2008110810.jpg LTEへの移行は日本だけのことではなく、世界的な流れみたい。関連企業への恩恵も世界規模になるわけで、世界展開していて高シェアの関連企業が狙い目か。チャイナモバイルも乗っているが、中国のキャリアはこれから3Gへ移行するところだと記憶してる。2010年頃にLTEになるとは思えないんだが。

2008110811.jpg LTE計測ソリューション需要の想定は、アンリツに関係のある事を列挙しているので、イマイチ関連企業なんかは分かりようもない。右端にある、ネットワーク、基地局、端末、チップセット、デバイス、そういうキーワードを手がかりにすればいいんじゃない。

2008110812.jpg なぜLTEなのか、ということで、他の方式と伝送速度を比較している。結局、スピードの向上で、携帯電話で家庭PC並のネット環境を実現したいと言うことですな。環境自体を実現するのは投資さえすればできることだけど、ある程度の低価格で提供しないと普及しない。ここが難しいところではないかと。

電気機器・精密機器
LTE アンリツ 携帯電話

2008/11/06 22:10

オプテックス・エフエーの高利回りは魅力的

~ 配当性向50%で利回りが6%、これからも続くなら買い。 ~

オプテックス・エフエーの増配。

平成20 年12 月期の配当予想の修正(増配)に関するお知らせ

この増配で配当額は4400円。従来は2600円の予定だったのでいきなり70%アップ。70%も配当を増やすのだからさぞ業績が良いのだろうと思うかもしれないが、業績は特別良いわけでもない。

平成20年12月期 第3四半期財務・業績の概況

前期比では微増収減益の計画ですな。

株価は66000円なので配当利回りは6.6%と非常に高い。問題は、この配当が今後も続けられるのか?続けられて、かつ、業績が伸びるのであればまだに魅力的といえましょう。業績が安定的でも魅力的ですなあ。

決算短信によると、配当政策はこんな感じ。

当社は、株主各位に対し安定した利益還元を継続して行うことを重要な経営課題と認識し、今後の事業展開の拡大及び経営基盤の確立のための内部留保の充実を勘案しながら、業績に見合った適切な利益還元を実施していくことを基本方針としております。

それを今回の増配発表では変えた。

株主各位に対し安定した利益還元を継続して行うことを重要な経営課題と認識し、今後の事業展開の拡大及び経営基盤の確立のための内部留保の充実を勘案しながら、業績に見合った適切な利益還元を実施していくことを基本方針とし、配当性向については「50%以上」を目標として段階的に引き上げることを目標としてまいりました

変えたというか、従来から配当性向50%を目指していた、という意味の言葉が出てくる。そんな言葉は短信にも有報にも見あたらないですけどねえ。そんな方針だったんですか?そういうことであれば安心できますな。

BSを見ると、財務は優良。財務都合で減配されてしまうような不安は特にない。

業績の伸びは2003年より安定している。今期こそ減益の予定だが、少なくとも売上は増加している。減益の理由。

損益面では、原材料コストの増加及び開発・営業強化のための人的投資、品質向上・コストダウンのための設備投資といった固定費の増加の影響が大きく

悪い理由ではないのが救いか。当然、会社の説明を鵜呑みにしちゃいけませんよ。

海外売上比率が70%を越える。特に欧州は60%以上。これから欧州の景気は悪くなる。

200811051.jpg オプテックス・エフエーが現在直接に対象とする市場規模は34億円で、これはそのままオプテックス・エフエーの売上。つまりシェア100%。低価格低機能のセンサーの市場を開拓しながらパイを広げ、市場を独占しているという流れか。市場の成長率は12%と高い。これもそのままオプテックス・エフエーの売上伸び率。

300億円のミドルレンジ市場に参入して業績アップを目指すわけだが、既に多くの企業がひしめいている様子。成長率は10%と悪くない。

いろんなものを作るときにセンサーは使われるから、単純に、景気が良くて生産が堅調であれば業績も堅調。あまり難しく考える必要もなし。

配当利回りが6%あれば買って行けますな。

電気機器・精密機器
オプテックス・エフエー 有望 高利回り

2008/10/31 23:11

ペガサスミシン製造、中国の輸出急減でダメージ

~ 元高と世界経済の停滞で中国の工場は潰れている。 ~

ペガサスミシン製造の中間決算。

平成21年3月期 第2四半期決算短信

ひどい決算ですな。中国の縫製工場にミシンを売るのが仕事だから苦しいことは想像に難くない。

世界的に景気減速で、中国の衣料品の輸出も前年比で大きくマイナス。これまで人件費の安さだけで賞美してきた中国製造業も、元高と先進国のつまずきで工場閉鎖がじゃんじゃん起きていることはニュースになっているとおり。

そんな所にミシンを売れるわけがないですな。

ただ、このまますんなり中国が世界の工場としての地位を簡単に他のアジア諸国やアフリカ諸国に明け渡してしまうことはないでしょう。世界的に景気が回復すればまた工場も忙しくなるし、中国の内需だって伸びるしかない、人件費が上がっても生産性向上とか品質向上とか、手つかずの部分に大いに取り組んで行くに違いない。

ま、それまではペガサスミシン製造の業績も回復することはないと言えましょう。

米国をはじめ、先進国の衣料品の消費冷え込みにより、縫製メーカーの設備投資意欲の減退が続くものとの見方をせざるを得ず、当社企業グループの工業用ミシンの売上高は当初の予想を大きく下回る見込みであります。

電気機器・精密機器
ペガサスミシン製造 ミシン 中国

2008/10/31 23:11

日本電産のモーターは何なのか

~ モーターは分かるけど、実際にどこでどのくらい使われているのか。 ~

200810312.jpg

日本電産のエントリーを書いたついでに、決算発表資料からデータを少し。なぜかというと、日本電産といえばモーターってなるが、具体的になんなの、どこに使われているの、どういう業界が一番のお得意さまなの、とか、いろいろ分からないと言うか漠然としている点があります。決算資料に分かりやすい円グラフがあったので補足

この円グラフで中型モーターの所が車載モーターのメインなるを思われる。日本電産の計画では今後この部分の伸びを期待している。現状13%だけど2012年には30%ほどに拡大予定。

電気機器・精密機器
モーター 日本電産

2008/10/29 00:12

日本電産の好業績、子会社株買い増しに思う

~ 親子上場は反対だけど、子会社株の買い増しはマーケットに文句を言っている。 ~

日本電産の中間決算。

平成21年3月期 第2四半期決算短信〔米国会計基準〕

いやはや、なんと強い決算じゃございませんか。株価は暴落していたので決算発表で急騰していますねえ。日本電産が優れた企業だって事は分かるけど、それにしたってモーター需要は世界景気がおかしくなっていてもこんなに強いんですな。

正確には、需要はそれほど強くなくて、売上は微増か。コストコントロールで利益を捻出したという事か。

そんなことは実はどうでもいいんだが、一番気になったのは、子会社株式の買い増しである。

日本電産サンキョー株式会社株式買い増しに関するお知らせ

日本電産コパル電子株式会社株式の買い増しに関するお知らせ

日本電産サーボ株式会社株式の買い増しに関するお知らせ

日本電産リード株式会社株式の買い増しに関するお知らせ

ちなみに、上記の子会社全てが上方修正している。

当社子会社4 社の平成21 年3 月期第2四半期業績予想の修正に関するお知らせ

日本電産が主張したいのは、マーケットは間違っている、株価は安すぎですよ、って事だと思えて仕方ない。

ところで、日本電産系の企業は沢山上場しているが、どうせなら完全子会社かして上場廃止にして欲しいですな。親子上場は反対です。

電気機器・精密機器
日本電産 親子上場

 1  |  2  | All pages

patch