2009/06/08 23:11

東京精密、景気が業績を激変させ、景気の先行きだけで株価決定

東京精密の決算発表。

200906084.gif平成21年3月期 決算短信

決算説明会資料が分かりやすい。

2009年3月期(08年度)決算説明会

東京精密が作っている物。各マシン、装置の説明文は東京精密のホームページより拝借。

===================

(1)半導体製造装置関連事業

200906085.gif・ウェーハプロービングマシン

ウェーハプロービングマシンとは、ウェーハ上に形成された全てのチップの電気的特性を試験する装置です。このウェーハテストにより、チップの良品、不良品の選別を行います。

・ウェーハダイシングマシン

ウェーハダイシングマシンとは、多数のICが形成されたウェーハを1個1個のチップに分離する装置です。当社では、レーザーを活用した完全ドライプロセスのウェーハダイシングマシンも市場投入しています。

200906086.gif・ポリッシュ・グラインダー

ポリッシュ・グラインダとは、ACCRETECH独自の発想から生まれた、各種ICカード、システム・イン・パッケージ(SiP)や三次元実装技術に要求されるウェーハの薄片化とダメージ除去を1台の装置で実現する装置です。

・ウェーハ外観検査装置

・CMP装置

CMPとは、IC製造工程におけるウェーハ表面の平坦化技術の一種で、化学研磨剤、研磨パッドを使用し、化学作用と機械的研磨の複合作用で、ウェーハ表面の凹凸を削って平坦化する装置です。

200906087.gif(2)計測機器関連事業

・真円度・円柱形状測定機

輪郭形状測定機、円筒形状の真円度、同心度、円筒度などを測定する

・表面粗さ・輪郭形状測定機

表面の微細な凹凸を測定する

・三次元座標測定機

200906088.gif測定物のX・Y・Zの座標値を測定する

・電気マイクロメータ

・マシンコントロールゲージ

加工中あるいは加工前後に測定したデータをもとに加工機を制御する装置で、加工不良防止や加工精度と生産性向上のために不可欠なシステム

・各種自動測定・選別・組立機

===================

200906089.gif兎にも角にも、景気の波をもろに受ける物を作っている。そのため、業績の変動は猛烈に激しい。売上げが倍になったかと思えば半減する。めちゃくちゃ儲かっているかと思えば、突然赤字に陥る。

つまり、個別の企業としてああだこうだ言っても仕方がない。景気動向が全てで、景気の動きを先取りする形で株価は上下する。

200906080.gif半導体事業、計測事業、どちらも今期下半期からはプラス成長になる計画。プラス成長になって当たり前と言えるまで業績は落ち込んだ。

受注も受注残も同じで、今期下半期からはプラス転換する予想。半導体事業では前期4Qは受注がマイナスになるという酷い状況。マイナスって事は、キャンセルがジャンじゃ出たって事ですな。

下半期からプラス成長でも絶対水準はとても低い。でも、最悪期は脱した。ここからは弱いながらも回復していく。つまり、株は上がる。もう上がった。

電気機器・精密機器
ウエハー 半導体 半導体検査装置 東京精密 計測器



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch