2009/05/07 17:05

京セラ、下半期回復の計画は他社と同じ、株価は上を向いている

京セラの決算発表。

平成21年3月期 決算短信〔米国会計基準〕

今期の業績予想は前期比で横這いで赤字にはならない予定。Quickコンセンサスでは営業利益が赤字、純利益ももっと下だったので、会社の予想数字は強いと言えましょう。

中間予想はないけど、多分、赤字の計画でしょうな。前期の下半期と同じ感じで赤字。で、下半期で盛り返して、通期では横這いの数字まで持っていく。

つまり、業績の底は、前期の下半期と今期の上半期。そういう計画。

こういう計画を立てている製造業は多い。とくに、部品や素材の会社ですな。製造設備などの設備投資に関わる部分は全然そうはなってないですよ。

マーケットのコンセンサスも、今あたりがちょうど底。

間違ってはいないのだろうけれど、その先の回復を考えると、株価の動きと現実がチグハグしている気がしてならない。

電気機器・精密機器
コンデンサー 京セラ 大手優良企業 景気敏感 電子部品



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch