カテゴリー: 統計・資料・調査

2008/10/18 11:11

アメリカ、9月の住宅建築許可件数&住宅着工件数

~ 過去最低を記録する地域もあって、住宅市場は底を打たない。 ~

アメリカ9月の住宅建設許可件数

結果 786千件、予想 840千件 前回 857千件(854千件から修正)

1981年の11月以来の弱い数字。

アメリカ9月の住宅着工件数

結果 817千件、予想 872千件 前回 872千件(895千件から修正)

1991年1月以来の低水準。1991年当時はアメリカは不景気のまっただ中で、今と同じ住宅不況。地域別では、ノースウェストが20.9%の下落で大きい。過去最低の着工件数を記録。ウェストは-16.8%で、この地域も過去最低。ミッドウェストは+5.6%、サウスは+0.5%。

統計・資料・調査
アメリカ 住宅建設許可件数 住宅着工件数

2008/10/18 11:11

ユーロ圏、8月の貿易収支

~ マイナス続く。 ~

ユーロ圏経済指標、8月の貿易収支

  • 結果 -93億ユーロ
  • 予想 -55億ユーロ 前回 -20億ユーロ(-23億ユーロから修正)(季調前)
  • 結果 -61億ユーロ
  • 予想 -54億ユーロ 前回 -67億ユーロ(-64億ユーロから修正)(季調済)

統計・資料・調査
ユーロ圏 貿易収支

2008/10/18 10:10

9月のアメリカ消費者物価

~ 8月に続いて9月の米消費者物価は落ち着いている。 ~

200810171.jpg

米労働省。9月の消費者物価指数は218.783。先月比0.0%。市場様相は+0.1%。8月に1年10ヶ月ぶりに下落(-0.1%)。原油価格などのコモディティ価格の下落で消費者物価は落ち着いている。

統計・資料・調査
消費者物価

2008/10/01 09:09

8月のガソリン販売量

~ 下げ幅を拡大。 ~

資源エネルギー庁、石油統計速報。

8月の国内ガソリン販売量 前年同月比 -14.05。4,689,000キロリットル。

統計・資料・調査
ガソリン販売量

2008/10/01 08:08

7月のケース・シラー住宅価格指数

~ 前年同月比では引き続き大幅下落、前月比でも下落。 ~

前年同月比

主要20都市 -16.3%、主要10都市 -17.5%。

前月比

主要20都市 -0.9%、主要10都市 -1.1%。

都市別 前年同月比

ラスベガス-29.9%、フェニックス-29.3%、マイアミ-28.2%。前月比で上昇した都市数は6。

統計・資料・調査
ケースシラー住宅価格指数

2008/09/27 15:03

アメリカ第2四半期GDP

~ サブプライムの震源地のGDPは日本より高い。 ~

米商務省、2008年4月~6月の実質国内総生産(GDP)。確定値。

前期比+2.8%(年率加算)。市場予想は+3.4%。

内訳。個人消費+1.2%、耐久消費財-2.8%、輸出+12.3%、住宅投資-13.3%。

統計・資料・調査
GDP アメリカ

2008/09/27 15:03

8月の消費者物価指数(CPI)

~ 10年ぶりの高い伸び率。 ~

総務省発表、8月の全国消費者物価指数(CPI)。

前年同月比+2.4%(生鮮食品を除く)。10年ぶりの高い数字。

統計・資料・調査
消費者物価指数

2008/09/26 08:08

米商務省、8月の住宅関連データ。

~ まだまだマイナスは続く。 ~

米商務省、8月の住宅関連データ。

新築一戸建て住宅販売件数46万戸、先月比-11.5%、前年同月比-34.5%。1991年以来の低水準。

在庫件数40,8000戸、前月比-4.4%。

販売価格中央値22.19万ドル、前月比-5.5%。

統計・資料・調査
米住宅

2008/09/24 19:07

米連邦住宅公社監督局、7月の住宅価格指数

~ もう少しで前月比プラス圏に突入。 ~

米連邦住宅公社監督局(OFHEO)。7月の住宅価格指数。

前月比-0.6%。前年同月比-5.3%。西海岸だけをみると前月比-1%、前年同月比-17.7%。

統計・資料・調査
住宅価格指数

2008/09/24 19:07

世界の製薬会社、売上ランキング

~ 今の事業規模では世界に太刀打ちできない武田薬品。 ~

世界の製薬会社の医療用医薬品売上高。2007年。出所はNBオンライン

20090924.jpg

日本最大手の武田薬品も世界最大手のファイザーの4分の1しかない。これでは太刀打ちできません。世界で10本の指にも入らないという厳しい現実。考えて見てください、日本で17番目に大きい製薬会社が日本の機関投資家の対象になりますか?ならないですなあ。ってことは、世界で17番目に大きな武田は、世界の機関投資家の投資対象にはなりにくいと言う事じゃありませんか?

以下もNBオンラインより。

武田の現在の業績を牽引する4つの新薬のうち、抗潰瘍薬の「タケプロン」の特許が2009年に、糖尿病薬の「アクトス」の特許が2011年にそれぞれ米国で切れる。これを受け、同じ成分の後発医薬品(ジェネリック医薬品)が発売されるようになると、一般的に、売り上げは特許失効以前の2~3割に激減する。その影響を食い止める役割を期待されているのが2つの新薬だ。

統計・資料・調査
武田 製薬

 1  |  2  |  3  | All pages

patch